「ダイエットしているのになかなかやせない」「どんなダイエットが自分に合っているのか分からない」という人におススメしたいのが「遺伝子型ダイエット」。自分の遺伝子がどんなタイプかを知ることでダイエット効果を高めます。

遺伝子ってどんなものなの?

遺伝子は両親から子どもへと受け継がれるもので、それによって基本的な体型、体質、顔立ちなどが決められます。太りやすい体質の人が持っているのが「肥満遺伝子」。この遺伝子はそのままであれば問題ありませんが、異常が起こると体重をコントロールできなくなり肥満が起こるのです。肥満遺伝子には3タイプあり、リンゴ型(β3AR)、洋ナシ型(UCP1)、バナナ型(β2AR)に分けられます。

【リンゴ型タイプ】おなかがぽっこり出る内臓肥満

リンゴ型肥満を起こすβ3AR(ベータ3アドレナリン受容体)遺伝子を持つ人は日本人の約34%といわれます。ふつうの人と比べると、一日当たりの基礎代謝量が200kcal程度低いために、太りやすくやせにくい体質の方です。特に糖質の代謝が悪く、内臓脂肪がついておなかがぽっこりと出る「リンゴ型肥満」になる傾向にあります。糖尿病や高脂血症などにもなりやすいタイプ。このタイプの方は糖質を減らし、糖質を燃焼させるビタミンB1を積極的に摂るダイエットが適しています。

皮下脂肪がついて下半身太りしやすい【洋ナシ型】

洋ナシ型肥満を起こすUCP1(アンカップリングプロテイン)遺伝子を持つ人は日本人の約25%といわれます。基礎代謝量はふつうの人より一日あたり100kcal程度低いようです。脂肪の代謝が悪いため、下半身に皮下脂肪がついてやせにくい「洋なし型肥満」ニなる傾向にあります。このタイプの方は脂肪分のあるものを避けて、野菜中心の食事を摂り、運動をして体を冷やさないように心がけましょう。またがんや子宮の病気になりやすいのがこのタイプの特徴の一つでもありますから注意が必要です。

ほっそり【バナナ型】。ただし一度太るとやせにくい

一見スリムなバナナ型体型の方はβ2AR(ベータ2アドレナリン受容体)遺伝子を持っています。日本人の約16%といわれます。基礎代謝は普通の人より一日200 kcal高くなるので、逆肥満遺伝子で、そもそも太りにくい体質と言えるでしょう。たんぱく質が有効に利用できず、筋肉がつきにくいため「バナナ型」の痩せた体型になるのが特徴。ただし、一度太るとやせにくい体になり、心臓病、低血圧、うつ病にもなりやすい体質です。このタイプの方は植物性たんぱく質を多く摂り、胃に負担をかけないようにゆっくり食事をしましょう。また定期的に筋トレをして筋肉を鍛えるとよいでしょう。

自分が3タイプのどれかは、市販の検査キットで頬の内側の粘膜を業者に送ると調べられます。ダイエットをする前に、自分の遺伝子タイプを把握し効率的にスリムを目指してくださいね。


writer:松尾真佐代