写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アデランスはこのほど、「髪のアンチエイジングケアに関する意識調査」の結果を発表した。調査は8月17日〜18日、全国の30〜70代の男女1,030名(男女各年代103名)を対象に、インターネットにて行われた。

○女性の"老け"を感じるTOP3は「肌・髪・体型」

調査ではまず、女性のどの部分の変化に最も"老け"を感じるか尋ねたところ、男女ともに「肌(55.9%)」と回答した人が最も多く、次に「髪の毛(26.0%)」「体型(13.0%)」と続いた。男女別では、女性は男性に比べ「髪の毛」の変化に同性の老けを感じる傾向が強いよう。一方、男性は女性に比べ「体型」や「言動」の変化に女性の老けを感じる傾向が強いことがわかった。

○女性8割が髪の老化を実感

続いて、女性に現在髪の老化を実感しているか尋ねた結果、約8割が「実感している」と回答。具体的に髪についてどんな悩みがあるのか聞いたところ、「白髪が増えた(78.1%)」が圧倒的多数となった。年代別では、どの年代も1位は「白髪が増えた」だったが、2位の回答に注目してみると、30〜50代では「ツヤが減った(パサつきが増えた)」だったのに対し、60・70代では「髪が細くなってきた」という結果に。60代から悩みが変わることが読み取れる結果となった。

○髪のアンチエイジングケアに興味あるも、実行せず

次に、"髪のアンチエイジングケア"について調査したところ、女性の77.5%が「髪のアンチエイジングケアに興味がある」と答えたものの、実際にケアに取り組んでいる女性は28.5%と3割程度にとどまった。

そこで、髪のアンチエイジングケアに取り組んでいる女性に、具体的なケア方法について尋ねたところ、最も多かった回答は「悩みに応じたシャンプーやコンディショナーを使用している(81.0%)」だった。以下、「ヘアスタイルを工夫している(60.5%)」「白髪染めを自宅で行っている(47.6%)」と続いた。

○特別な日はしっかり、カジュアルな日は少しだけボリュームUP!

髪の老化で「髪が細くなってきた」ことや「抜け毛が増えた」ことについて悩んでいると回答した女性を対象に、シーン別の髪のボリュームアップの度合いについて尋ねた結果、「フォーマルなイベントに参加する」ときは、「しっかりボリュームアップしたい(52.8%)」と考える人が多かった。一方、「親族や親戚と会う」「友人と会う」「繁華街に買い物に行く」といったカジュアルなシーンでは、「少しだけボリュームアップしたい」とのこと。シーンによって髪のボリュームの度合いを変えたいと考える女性の意識がうかがえた。

(CHIGAKO)