埼玉県秩父が舞台の青春群像劇ふたたび

写真拡大

アニメ映画「心が叫びたがってるんだ。」が2015年9月19日に全国の映画館で公開される。

子供時代に何気なく発した言葉で家族がバラバラになってしまった成瀬順は、突然現れた「玉子の妖精」に言葉を発すると腹痛になるという呪いをかけられ、トラウマで心を閉ざしてしまう。

高校2年生になった順はある日、本音を言わずやる気のない坂上拓実、ヒジの故障で挫折した元エース・田崎大樹、恋に悩む優等生・仁藤菜月ら、それぞれ心に傷を抱えているクラスメイト3人と「地域ふれあい交流会」実行委員に任命され、出し物はミュージカルに決まる。その発表会当日、心に閉じ込めた「伝えたかった本当の気持ち」を歌うと決めたはずの順だったが...。

13年公開のアニメ映画「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の長井龍雪監督、脚本の岡田麿里氏、キャラクターデザインの田中将賀氏が再び集結。「悲愴」「Over the Rainbow」「Around The World」など名曲とともに、心の傷や葛藤、誰かを想う切なさ、人と人の絆を描く青春群像劇。