2種類のホップを使った

写真拡大

クラフトビールメーカーのサンクトガーレン(神奈川県厚木市)は、「Hop Relax(ホップリラックス)」を2015年9月16日に三越伊勢丹限定で発売した。

「IPA(アイピーエー)」と呼ばれるイギリスを発祥とするスタイルのビール。苦みと香りづけの鍵となるホップを多く使っているのが特長で、今回は「アマリロ」と「ガーゴイル」の2種類を使った。甘いシトラスのような香りと、通常の2倍以上という苦みが楽しめるとのこと。

東京・伊勢丹新宿店では9月初めのクラフトビールフェアで先行発売され好評だったという。

価格は税込540円。