Doctors Me(ドクターズミー)- 禁煙外来に行ったらどんな治療をするの?費用は?

写真拡大

タバコが1箱1000円になるかも…というニュースが流れ、喫煙者の間では話題になっています。これは現在の値段の倍以上であり、これを期についに禁煙をと考えている方も多いかもしれませんね。

しかし、これまで何度も禁煙に失敗しているという人も少なくないはず。禁煙は自分だけの力で行ってもうまくいかない場合があり、そんなときに受診したいのが禁煙外来です。

そこで今回は、禁煙外来での治療について医師に解説していただきました。

禁煙外来ってどんなとこ?

タバコをやめようと思ってもイライラしたり、無性にタバコが吸いたくなってしまう、そんなことはありませんか?それは、タバコから補われるニコチンがなくなってしまうためです。禁煙外来の目的は、ニコチンをタバコではなく薬から補うことで、ニコチンが急になくなることを防ぎ、禁煙の成功率を高め、タバコによる病気を防ぐことです。

原則、4か月間に5回(初回から2、4、8、12週後)の診察を受けて、その間に禁煙のアドバイスやニコチンの補助薬を通じて禁煙を目指します。診察時は毎回専用の機械に息を吐いてタバコをどのぐらい吸っているのかを検査します。

禁煙外来には保険は適応される?

治療に保険が適応されるには以下の5項目が必要です。

1. 1か月以内にタバコをやめたいと思っていること。
2. 禁煙治療を受けることに文書で同意していること。
3. 1日20本10年以上相当の喫煙歴があること。
4. ニコチン依存症のテスト(TDS)でニコチン依存症と判定されること。
5. 以前に禁煙外来を受けたことのある人は、1年以上間隔があいていること。

ニコチン依存症のテストでは、「タバコをやめたり、本数を減らした時にどのような症状があったか」を聞く項目があるので、一度禁煙外来に行く前に自分で禁煙をトライしてみるといいでしょう。

治療にはどれいくらかかる?

処方される薬の種類によって違いますが、3割負担の方で全期間で2万円以内です。12週間毎日1箱のタバコ代よりも安く済みますし、禁煙後はタバコ代がかからなくなりますね。

また、禁煙外来では特殊な機械が必要なので、すべての病院・クリニックで受けられるものではありません。かかりつけの病院があればそこで相談してみるのがいいでしょう。もしかかりつけの病院がなければ、日本禁煙学会のホームページから検索することができます。曜日が限られていたり、予約制のことがあるので受診の前に電話でご確認ください。

【医師からのアドバイス】

禁煙をしたいけれどできなかった方は、是非禁煙外来を活用しましょう。禁煙がうまくいかなくても、あきらめずきちんと受診して、医師と相談して進めていくことで禁煙に成功している方がたくさんいます。

(監修:Doctors Me 医師)