有名アニメーター、VRで「空間に絵を描く」(動画あり)

写真拡大

VRで3D空間に絵を描くツールを、ディズニーの有名アニメーターが実物大キャラを描く動画などで紹介。制限なく絵を描き、そのなかを動き回って奥行きや影を付けることができる。

「有名アニメーター、VRで「空間に絵を描く」(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

UK版『WIRED』は先日、HTCの位置追跡型仮想現実(VR)ヘッドセット「Vive」の実機テストを行った。このとき特に素晴らしかったデモは、3D空間に絵を描くツール「Tilt Brush」を使ったものだった(文末に、Tilt Brushのデモ動画を掲載)。

3次元で絵を描くという体験は、FiftyThreeのアプリ「Paper」を空間で使うような感じだ。魔法の杖のようなコントローラーを使って、実際の空間に「オイル」や「虹」、純粋な光などでイメージを描き、そのなかを動き回って奥行きや影を付けることができる。

個人的に試しても非常に面白いツールだが、プロのアニメ制作者に使ってもらうと、さらに印象深いものになる。以下の動画は、ニューヨーク市で10月7日から開催されるイヴェント「Future Of StoryTelling」用に作成されたプロモーション動画で、ディズニーの有名なアニメ制作者だったグレン・キーンが、Viveを装着して、「アラジン」や「リトル・マーメイド」、「美女と野獣」など、自分の最も有名なキャラクターを仮想現実で再現している

キーン氏はこう語っている。「あらゆる方向が開かれている。空間に自分がどっぷり浸かるのは、ダンスをするような感じだ。どれもわたしが想像した通りのサイズだ。描いたキャラクターはくるりと振り返ることができるし、(中略)ゴーグルを外した後でさえ記憶に残っている。彼女はそこにいる。本物だ」

キーン氏は現在61歳。2012年にディズニーを退社した後の同氏の作品には、「Google I/O」会議の「ATAP(Advanced Technology and Projects)」向けに制作された実験的な短編シリーズがある。インタラクティヴなアニメーションにおいてモバイル機器に期待される役割に注目したものだ。

TAG

PaintingVideoVRWIRED UK