ワールドカップバレー男子大会、全日本はこれまで5戦を終えて3勝2敗。すでに前大会(2011年)の2勝を超えた。世界ランキングで見ると、日本(20位)にとって、ベネズエラ(27位)以外の出場国はすべて格上となり、この成績は上々といえよう。現在、首位を走るアメリカからセットを取ったのは、ロンドン五輪銅メダルのイタリアを含め、日本が唯一である。

 好調の要因は、何と言ってもNEXT4(※)のうち、2人のサイドアタッカー石川祐希(中央大)と柳田将洋(サントリー)だ。石川はベストスパイカーで8位、ベストディガー(スパイクレシーブ)で13位、ベストレシーバーで16位と、どのプレーでもまんべんなく活躍。柳田はサーブを武器に、相手を崩してポイントを重ね、着実に全日本の中核選手となっている。観客数も2人を中心とする全日本の善戦により確実に増えて、初日の3060人から、第4戦、第5戦は6000人と倍増。広島グリーンアリーナが完売御礼となった。
※ 南部正司全日本監督が命名した、次世代の男子バレーを担う石川祐希、柳田将洋、高橋健太郎(筑波大)、山内晶大(愛知学院大)のユニット

 石川は昨年から全日本に招集され、アジア大会銀メダルに貢献。今年度はワールドリーグ(5月30日〜7月5日)から参加し、アジア選手権(7月31日〜8月8日、テヘラン)は大学の事情で参加せず、その後のイタリア遠征、ポーランド遠征で合流した。

 南部監督によると、「イタリア遠征の間は調子があまり良くなかったのですが、ポーランドに入ってから、人が変わったのかと思うほど調子を上げてきました」とのことで、ワールドリーグで優勝したフランスにも勝利し、好調のまま今大会に入ることができた。

「イタリア遠征の間は、監督やコーチからいろいろな指示が出て、少し考えすぎてしまったかなと。もちろん(自分のプレーを)良くしてくれようとして指示してもらえたのですが、ポーランドに移動したときに、あまり考えすぎず、何か言われても自分のスタイルを貫くようにしたら、調子を取り戻せました」と石川本人はマイペースを強調。

 初戦のエジプト戦(9月8日、3−2で勝利)では石川はチーム最多の24得点を挙げてMIP(視聴者投票による最優秀選手)を獲得。もちろん、そのデータを強豪国が見逃すはずがなく、次の日のアメリカ戦(9月9日、1−3で敗戦)ではサーブ95本の内32本を石川に集められた。通常なら別のコースを得意としている大会屈指のエース、アンダーソンも、すべて石川を狙ってきたのである。日本はリベロの永野健(パナソニック)がレセプション(サーブレシーブ)範囲を広くとったり、石川が後衛の時に崩されると、守備の良い米山裕太(東レ)に交代するなどしてしのいでいるが、石川が下がると攻撃枚数が減ってブロックの的が絞られ、清水邦広(パナソニック)や柳田も攻め急いで、スパイクをシャットアウトされたり、アウトにするなど苦しい展開となった。

「諸外国が、強豪になればなるほど石川や柳田をサーブで狙ってくることはわかっています。でも、ここで彼らを出し続けなければ、日本に未来はない。我慢強く起用し続けていきたいと思っています」と南部監督は胸の内を明かす。

 翌日の平均身長2メートルを超えるオーストラリア戦(9月10日、3−1で勝利)では、最初は予想以上の高さのブロックにつかまり失点していたが、試合の途中で、ストレートギリギリまで締めてきている相手ブロックとアンテナの間を上手く抜いて決めるなど、石川は対応力の高さも見せた。

「中堅の国にはしっかり勝つことができましたし、アメリカやイタリアとやって、敗れはしましたが、光は見えたなという感じ。サーブとレセプションをしっかりしていれば、ちゃんと勝負になる。あとは、細かいところでミスを出さずに、ブロックもしつこくついていくことを続けていれば、強豪国といっても勝てない相手ではないと思いました」と石川はこれまで5戦をふり返って、手応えを口にした。

「(初めての三大大会、ワールドカップでも)まったく緊張はしませんでした。強い相手とやることができて、ワールドカップを本当に楽しんでいます。イタリア戦では留学していたモデナの(チームメイト)ロッシーニと対戦できて、うれしかったですね。
 あの試合、1、2セット目は強いサーブでも直接ポイントを取られずに競り合っていた。そこでセットを取り切れていれば、3セット目(15−25)のように乗せてしまう展開にならずに済んだと思うので、これからも強いサーブはAパス(セッターが動かずにトスができる位置にサーブレシーブを返すこと)にこだわらず、とにかく上にあげて、しのいで競り勝ちたい。このあとも強い国と当たるので、ワクワクしている」と自然体で、次戦以降の抱負を語った。

 また、これまで8本のエースを奪い、ベストサーバーランキングにおいて日本で唯一10位にランクインしている柳田も自信を深めている。

「これまで5試合で、通用するところとしないところがわかってきました。特に負けたアメリカとイタリアのような強いチーム相手には、細かいミスが致命的になってしまうので、そこで集中力を切らさずに戦っていきたい。自分からしたら、ワールドカップに出ているチームはどこもトップチーム。だから、どのチーム相手にどうということではなく、何も変えずにいつも通り戦います。手を抜ける相手は一つもないし、かといって力む必要もない」

 持ち味のサーブについても、さらなる策を練っている。「イタリアやアメリカにはハードヒットしたと思ってもAパスを返されたりしていますが、ワールドリーグですでにそれは経験してきたので驚きはなく、逆に強豪国相手でもエースを取れているという部分で、通用するんだという手応えを感じています。長いラリーの後のサーブは息が切れてミスをすることがあったので、時間を上手く使ってラリーの後でもきちんといいサーブを入れていけるように修正します」

 ワールドカップ後半戦は16日夜、大阪市中央体育館で、対チュニジア戦からスタートする。ポイントとなるのは18日のイラン戦。昨年の世界選手権で6位と力をつけてきており、日本が今大会で上位2位までに入れず、リオ五輪への切符が獲れなかった場合、来年5月の最終予選でアジア枠を争う相手の一つとなる。来年を占う意味でも、勝負の行方だけでなくプレーの内容にも注目したい。

中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari