博報堂ら4社が多様なアンビエントデータから動画広告を自動で出し分けるサービス「FIT AD」を開発・提供開始

写真拡大 (全5枚)

「FIT AD」は、ニュースキーワードや、検索トレンド、テレビ番組情報、天候など⽣活者を取り巻くあらゆるアンビエント(環境)データを⾃在に取り⼊れ、動画コンテンツのプロフェッショナルが制作するベストクオリティな動画広告を⾃動で出し分ける新しいデジタルアドサービスです。これまではデモグラフィックデータによるセグメントが限界だったインターネット広告に、⽣活者の TPO に合わせたアンビエントデータを取り込むことによって、ターゲットの気分にフィットする、いわば「気持ちのゴールデンタイム」に合わせた広告配信が可能となります。

スティーブンスティーブンとヒトクセの2社が共同して開発と運⽤を⾏い、博報堂のクリエイティブスタッフが各配信に最適な広告クリエイティブを制作します。また、博報堂DYメディアパートナーズが独占して販売します。

「FIT AD」は今回の第三者配信にとどまらず、アンビエントデータに応じた最適化エンジンとしてサービスを拡⼤し、⽣活者にフィットする情報の提供を広げていきます。

「FIT AD」の仕組み

「FIT AD」は、動画バナー*をアンビエントデータに応じて各 DSPDemand Side Platform(デマンドサイドプラットフォーム)。広告在庫の買い付けから配信、オーディエンスターゲティングなどを⼀括して管理できる広告配信プラットフォーム。に第三者配信する仕組みです。「FIT AD」を活⽤することで、⽣活者の気分が変わるタイミングに連動して、その気分に合わせたクリエイティブを配信することで、広告メッセージの受容度を⼤きく向上させていきます。 (*既存の静⽌画バナーの配信も可能)

「FIT AD」の配信イメージ

「FIT AD」で取り扱えるアンビエントデータ例とアプローチ例