通信機器・計測器製造販売のアンリツ<6754>は30日、05年3月期連結の経常利益を従来予想を13億円(43.3%)下回る17億円に下方修正した。アジアでの計測器需要が予想を下回ったため売上が伸び悩み、利益も押し下げられた。加えて、多くの新製品を発売したため、販促用デモ機について棚卸資産評価損を営業外費用に計上した。前期は25億1400万円の赤字だった。

 売上高は、従来予想を15億円(1.8%)下回る前期比6.5%増の835億円に修正した。純利益は売上高の減少に引っ張られ、従来予想を7億円(41.2%)下回る前期比9.1%減の10億円になりそうだ。【了】