マンチェスター・シティのペジェグリーニ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第1節が現地時間15日に行われ、マンチェスター・シティはホームでユベントスと対戦し1-2と敗北を喫した。

 シティの指揮官であるマヌエル・ペジェグリーニ監督はDFヴァンサン・コンパニによる先制点がファウルであったことを認めている。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。

「コンパニのゴールは取り消されるべきだったね。ただ、今夜の我々は幸運ではなかったね。(GKジャンルイジ・)ブッフォンが素晴らしいプレーをみせた」

 シティ先制シーンでは、コーナーキックで同選手がDFジョルジョ・キエッリーニを上から押さえつけ、キエッリーニのオウンゴールを誘った。ゴール後、キエッリーニは審判にファウルをアピールしたが、ゴールは認められている。

 しかしながら、その後FWマリオ・マンジュキッチとFWアルバロ・モラタにゴールを決められ、逆転負けを喫した。

 未だCLでは満足のいく戦いを見せることができないシティ。今季こそベスト8進出を達成することはできるのだろうか。

text by 編集部