CL初戦でユーヴェに逆転負け…マンC指揮官「負けに値しなかった」

写真拡大

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節が15日に行われ、マンチェスター・Cはホームでユヴェントスに1−2で敗れた。試合後、同チームを率いるマヌエル・ペジェグリーニ監督がインタビューに応じ、同日付の イギリス紙『デイリー・メール』がコメントを伝えている。

 プレミアリーグで5連勝中のマンチェスター・Cはホームのエティハド・スタジアムに、セリエAで今シーズン未勝利が続いているユヴェントスを迎えた。試合はマンチェスター・Cがオウンゴールで先制したが、その後ユヴェントスに2得点を奪われて逆転負けに終わった。

 試合後、マンチェスター・Cのペジェグリーニ監督は以下のようにコメントした。

「奇妙なゲームだ。今日の我々は負けに値しないと思う。相手よりも良いプレーをしていたし、得点する機会もあった。相手はとても強いチームだったけど、我々が試合をコントロールしていたと思うよ」

 また、同監督はこの試合にスタメン出場したもののノーゴールに終わったイングランド代表MFラヒーム・スターリングについても言及した。

「私はこの結果がラヒームだけによるものだとは思わない。フットボールでは点を取れる日もあれば、取れない日もあるということだよ」

 30日に行われるCLグループステージ第2節で、マンチェスター・CはアウェーでボルシアMGと対戦する。