Xbox Oneならではの超絶グラフィックによる白熱のレース

写真拡大

日本マイクロソフトは、Xbox One用レースゲーム「Forza MotorSport(フォルツァ・モータースポーツ) 6」を2015年9月17日に発売する。

「カーパック」や「VIPメンバーシップ」など特典同梱の「デラックス」「アルティメット」2つのエディションも用意

450台以上の車が収録。全て鑑賞モード「Forza Vista」対応で、チューニングや内装を自由に見られる。新たに10サーキットが追加され、全世界26コースが登場。サーキットの水溜まりの位置まで研究したという雨中の「ウェットレース」や、夜が舞台の「ナイトレース」を楽しめる。

分割画面対応の「シングルプレイ」では、クラウドで成長するライバル「Drivatar」との対戦や、マルチプレイ専用サーバーに接続すれば、常時24人で競う大規模なレースに参加できる。

ラインアップと価格は、「スタンダード・エディション」パッケージ版が6900円、ダウンロード版が6400円。映画に登場する車を入手できる「Fast & Furious カーパック」(セット専用)、専用の車5台や専用イベントなどが用意された「VIPメンバーシップ」(2000円)同梱の「デラックスエディション」ダウンロード版のみ8400円。それに加え、10月から「Xbox Gamesストア」で毎月配信予定の6つのカーパック(各7台、計42台)を入手できる「カーパス」(2500円)同梱の「アルティメットエディション」ダウンロード版のみ1万380円(価格は全て税別)。