ロンドンのクリエイティヴシーンに潜入できる、絶好の機会を見逃すな!:CREATIVE HACK AWARD 2015

写真拡大

CREATIVE HACK AWARDでは毎年、グランプリ&準グランプリ受賞者に対し、副賞として「海外視察ツアー」を提供している。2013年にはロサンゼルス(ハリウッド)、2014年にはマレーシア(パインウッド・イスカンダル・マレーシア・スタジオ)を訪れたが、2015年のデスティネーションはロンドンに決定。そのツアー内容とは?

今回、「CREATIVE HACK TOUR」がロンドンを訪れる理由。それは、「ハリウッドとはひと味違うクリエイティヴ産業の在り方」が育まれているロンドンの現状を、目の当たりにしてもらうためである。

「ロンドンのクリエイティヴシーンに潜入できる、絶好の機会を見逃すな!:CREATIVE HACK AWARD 2015」の写真・リンク付きの記事はこちら

関連記事
2013年の様子/LAのスタジオで見た「クリエイティヴの現実」
2014年の受賞者は、マレーシアのイスカンダルを往訪

ツアーの目玉となるのが、最先端のVFX技術を有するDouble Negativeの視察だ。1998年に30人のメンバーで立ち上がったDouble Negativeは、ここ15年ほどで急成長を遂げた最注目のヴィジュアル・エフェクト・スタジオで、現在はロンドン、シンガポール、バンクーバーに拠点をもち、およそ800人のスタッフを抱えるまでに至っている。

ハリー・ポッター、アイアンマン、バットマン、ジェイソン・ボーン、イーサン・ハント、キックアス、宇宙人ポール…。アートとテクノロジーの融合によって生成された魔法を用いて、数々のキャラクターたちに日常世界と地続きのような「リアルさ」を与えてきたDouble Negativeの現場には、いかなるワークフローやフィロソフィやスキルやデヴァイスやチームプレイが、育まれているのだろうか。「CREATIVE HACK TOUR」では、その様子をじっくり視察することになっている。

今回はさらに、デザイン × テクノロジーを横断したプログラムをもつ教育現場、アートとコマーシャルの垣根をこともなげに行き来する独立系クリエイティヴスタジオ、先端的なアプリやアニメーション作品を生み出すアーティストのアトリエ等も訪れる予定だ。

単にロンドンを訪れるだけでは決して潜り込めない「クリエイティヴシーンのインサイド」を、じっくりと堪能することができるまたとないこの機会。その権利を手にすることができるCREATIVE HACK AWARDの締切は、9月30日(水)とまもなく!

【応募期間延長決定!最終締切は10月7日正午】CREATIVE HACK AWARD 2015

グラフィックや動画、3Dプロダクトから企画書まで。新しい世界をつくる新しい発想を「ビジネス」に転換させるチャンスを『WIRED』が用意しました。締め切りは2015年10月7日(水)。エントリーおよび作品応募はエントリーページにて受け付けています。審査員からのメッセージなどの関連記事はこちらで読めるほか、CREATIVE HACK AWARDのFacebookページTwitterでも、最新情報をお伝えしています。

CREATIVE HACK AWARD 2015最新情報

TAG

CreativeCreative Hack AwardInside StoryMovie