「自動緊急ブレーキの標準装備化」を10社が合意:米国

写真拡大

カリフォルニア州当局は、自律走行車のテストを公道で行うホンダに許可を与え、この許可を受けた企業は10社になった。一方、米当局は、自動車メーカー10社と、自動緊急ブレーキの標準装備化を合意した。

「「自動緊急ブレーキの標準装備化」を10社が合意:米国」の写真・リンク付きの記事はこちら

自律走行車の開発が、順調に進んでいる。

カリフォルニア州車両管理局(DMV)は2014年9月、州の公道でテストを行う許可を、フォルクスワーゲン・グループ(フォルクスワーゲンとAudiの製造者として)、メルセデス・ベンツ、およびグーグルに対して与えた。この許可を与えられる企業はその後も増え続けていたが、今回、この企業群にホンダも加わった。

関連記事:自律走行車の公道走行を許可:カリフォルニア州、3社に対して認可

ロイターの記事によると、DMVのウェブサイトで公開されているリストに、9月はじめ、ホンダの名前が追加された。

カリフォルニア州で自律走行車のテストを許可されている企業は、現在全部で10社にのぼる。具体的には、2014年9月の3社とホンダ以外に、デルファイ・オートモーティヴ、テスラ・モーターズ、ボッシュ、日産、Cruise Automation(日本語版記事)、そしてBMWだ。ネヴァダ州とミシガン州、フロリダ州も、公道での自律走行車のテストを許可している。

ロイターによると、ホンダは自律走行車の試験施設を、サンフランシスコ郊外にあるカリフォルニア州コンコードに持っており、そこで試作車の開発に取り組んでいるという。 

ホンダは2014年9月、自律走行車に要求されるセンサーと計算能力がすべて搭載された「アキュラRLX」の試作車を公開している

関連記事:2040年、クルマの未来:運転は完全自動化され、人は幸福になる

なお、デルファイ・オートモーティヴ(ゼネラルモーターズ から分社化された自動車部品メーカー)は2015年4月、史上初となる、自律走行でのアメリカ横断を実現させた。グーグルの自律走行車は2015年6月、約290万kmの走行距離を記録した

米国では、すべての新型車に自動緊急ブレーキを標準装備へ

自律走行車関連のもうひとつの動きとして、自動車メーカー10社は9月11日(米国時間)、すべての新型車に自動緊急ブレーキ(AEB)を標準装備することを合意した。AEBとは、車載センサーを使って、ほかの車や障害物との衝突が差し迫っている場合にブレーキを作動させるものだ。

アウディとBMW、フォード、ゼネラルモーターズ(GM)、マツダ、メルセデス・ベンツ、テスラ、トヨタ、フォルクスワーゲン、ボルボの10社は、米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)と米道路安全保険協会(IIHS)に対して、AEBを新型車に標準装備することを合意した。ただし、性能基準や導入時期は未定だ。AP通信の記事によると、昨年の米国における新車販売(乗用車と軽トラック)の57パーセントはこの10社が占めているという。

AP通信が引用する、米国家運輸安全委員会(NTSB)が発表した報告書によると、AEBが標準装備化されれば、乗用車・商用トラックの追突事故のおよそ80パーセントを防止・軽減できると見込まれている。こうした追突事故で、毎年約1,700人が死亡し、50万人がケガを負っているという。

TAG

Arstechnica USAutonomousCarFuture CarHonda