写真提供:マイナビニュース

写真拡大

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は9月15日、同社のデータ暗号化ソフトである「DESlock Plus Pro(デスロック プラス プロ)」のライセンス製品を販売開始した。価格は、企業向けで6〜24ライセンスの場合の新規価格が1ライセンスあたり1万2,500円(税別)。

新製品は、PCやリムーバブル・メディアなどの盗難や紛失から機密情報の漏洩を防ぐための機能、電子メールによる機密情報の漏洩を防ぐための機能、不要になった機密情報を完全抹消して機密情報の漏洩を防ぐための機能などを備えるという、マイナンバー制度対応や標的型攻撃対策に有効とするデータ暗号化ソフト。法人向けライセンス製品ではクライアント管理用プログラムも利用できる。

同製品は、「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」が定める対応に有効なデータ暗号化ソフトとのこと。社外へ持ち出すPCのHDDやリムーバブル・メディアを暗号化して盗難や紛失から重要な機密情報を守ることができる他、インターネットで外部に送信する場合の情報漏洩対策など、同ガイドラインの安全管理措置に沿った対応ができるとしている。

また、標的型攻撃によってファイアウォールやウイルス対策ソフトでの入口対策や内部対策が突破された場合でも、同製品により社内の機密情報を記載したファイルやフォルダを暗号化することで、機密情報の漏洩(読み取り)を防ぐことができるとのこと。

(山本善之介)