2つの記録を達成したクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

写真拡大

【レアル・マドリー 4-0 シャフタール・ドネツク CL グループステージ】

 チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第1節が現地時間15日に行なわれ、レアル・マドリーはホームでシャフタール・ドネツクと対戦した。

 この試合でハットトリックを決めたマドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは2つの偉大な記録を達成している。同選手はCLでの総得点を「80」に伸ばし歴代得点ランキング1位を更新した。

https://twitter.com/SportsCenter/status/643887240008073216/

 また、C・ロナウドは「33回目」のハットトリックを記録。これはスペインクラブに所属した選手として歴代で最も多い回数となった。2位はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの「32回」、3位は40年代から50年代にアスレチック・ビルバオで活躍したテルモ・サッラの「31回」となっている。

 昨季はCLで10得点、全公式試合で61得点を決めたC・ロナウド。ここからのさらなる記録更新に期待が集まりそうだ。

【得点者】
30分 1-0 ベンゼマ(レアル・マドリー)
55分 2-0 C・ロナウド(レアル・マドリー)
63分 3-0 C・ロナウド(レアル・マドリー)
82分 4-0 C・ロナウド(レアル・マドリー)

text by 編集部