思わぬ上書きを起こさないためのプロテクテッドブランチ

MTIyMjkzMzEyODY5NjU3ODgx_0

1000万人以上の開発者がコードを保管している人気のレポジトリ、GitHubでは時として混乱を招くような状況に陥り、他人が書いたコードを誤って紛失したり上書きしてしまうことがある。しかしGitHubが3日に公表した新機能の登場で、こういった事故は防げるようになるかもしれない。

あと数週間のうちに利用できるようになる新機能、プロテクテッドブランチにより、レポジトリのオーナーはソースコードを協力者たちの更新から保護できるようになる。

「この機能をレポジトリで有効化すれば、ブランチタブから保護設定が行えるようになる」とGitHubのデザイナー、プロダクトマネージャのベン・ブレイカンプは公式ブログで書いている。準備が整い次第コミュニティに対して公開されることになる。

安全第一

MTMyNzk2NzA5MDc5MTUwNTYy

一度ブランチを保護してしまえば、上書きや削除は行えなくなる。またマスターブランチの状態確認を行い、マージしたいブランチが最新のものでない場合、マージ事態が止められる。

GitHubでも変更を取り消すためのアンドゥコマンドは提供されているが、戻すための手順は問題によって変わってくる。

方やプロテクテッドブランチの場合は上書き自体をさせない。また管理者が事を整理するためのツールも用意される。

全員が全員この機能を喜ぶわけではないだろう。協力者の中にはプロジェクトのある部分を触れなくなることにストレスを覚えるかもしれない。しかしビジネスアプリなどで使われる高付加価値のコードに対してこれらの仕掛けは重要なものだ。

これで数ヶ月苦しんで生み出されたコードを台無しにされてしまう様なことが無くなれば幸いだ。

画像提供:GitHub

Adriana Lee
[原文]