ジャック・ウィルシャー【写真:Getty Images】

写真拡大

 アーセナルは15日、MFジャック・ウィルシャーが手術を受けるため今後3ヶ月間離脱すると発表した。

 オフに左腓骨の亀裂骨折を負っていたウィルシャーは本来であれば9月中に復帰できるはずだったが、回復が思わしくなくプレートを挿入する手術を行ってリハビリに取り組むという。

 昨年11月に左足首を負傷した際は2度の手術を受けて復帰に半年を要した。ウィルシャーのキャリアは怪我とともにあり、多くの時間怪我に苦しめられてきた。今回の手術でそのスパイラルから抜け出すことはできるだろうか。

 昨季は喫煙問題でも話題を振りまいたが度重なる負傷が確実に成長を阻んでおり、ウィルシャーは若くしてキャリアの岐路を迎えている。

text by 編集部