写真提供:マイナビニュース

写真拡大

タレントのトミタ栞が、「るみちゃん★○トミタ栞(★○よみ:スターリング)」名義でニュー・シングル「17歳の歌」をリリースし、東京・神奈川を中心に発売記念イベントを開催した。タワーレコード渋谷店B1「CUTUP STUDIO」ではトークショーも行われたので、その模様をお伝えしよう。

イベント開始前には、もはや恒例行事のトミタによる場内アナウンス。「携帯電話をお持ちの方は、電源を今すぐお切りになるか、契約をお切りになりますようお願いします」と、冒頭からるみちゃんワールド全開でファンを盛り上げた。

ステージにはトミタのほか、トミタが主演するTVドラマ『るみちゃんの事象』の監督・脚本を手がけた月川翔監督が登壇。MCを務めるお笑い芸人・響の小林優介とともにトークを展開した。実は、月川監督は「17歳の歌」のミュージック・ビデオ(以下MV)の監督も担当しており、ドラマ収録の終了直後に作り始めたMV収録は、非常にスムーズに進んだという。また、このMVでは原作マンガでおなじみの「あり王」や「パン玉」といったキャラクターも登場。収録では、実寸大の発泡スチロールをキャラに見立て、トミタと追いかけっこをしたり、ジャンプしたりするシーンを完成させたことを明かした。

トミタと月川監督は、ともにコミック原作者・原克玄氏の大ファンで、収録の合間に登場した原氏に興奮を隠せなかったという。出会った際、すかさずトミタがサインをもらうと、悔しがった監督は原氏のサインとイラストを多めに描いてもらったことを告げ、トミタに対抗。仲良く争ったエピソードを披露し、場内の笑いを誘った。また、原氏は「17歳の歌」で作詞に初挑戦しているが、トミタは「メロディーに対する歌詞のハメ方が完璧ですよね。歌いやすく、歌詞も面白くて、悔しいぐらいです」と大絶賛していた。

トーククショーの後は、「ガマン演技バトル」と題し、トミタと月川監督チーム(月川監督、ドラマプロデューサー・前田利洋氏、音楽プロデューサー・伊藤秀記氏)による対決コーナーに突入した。ルールはカラシ入りの激辛シュークリームを、監督チームの誰が食べたかを当てるというもの。結果はトミタが前田氏と予想したが、激辛シュークリームを食べたのは伊藤氏。罰ゲームが決定したトミタは、覚悟を決めて一気にシュークリームをほおばるも、「やばい……、舌で直接カラシをなめちゃった」と悶絶。その姿に、ファンからも心配する声が聞こえてきた。

……と、ここでドッキリ定番のBGMが鳴り響き、「ドッキリ大成功」のプラカードが登場。実はトミタが食べたのは普通のシュークリームで、マネージャーが仕掛け人となって、ゲームを面白くするよう、辛い演技をするよう仕向けられていたことが判明したのだ。監督やファンはその演技に拍手を送るが、逆ドッキリにかかったトミタは「『これは後引くカラさですね』とか言っちゃった」とはにかんだ。ちなみにドッキリの模様は、12月23日に発売が決定している『るみちゃんの事象』のDVDに収録されることが決定している。

イベントではほかにも、『るみちゃんの事象』でるみちゃんの同級生・くみちゃんを演じた真野恵里菜からのビデオレターが到着し、「しーちゃん(トミタ)は女の子っぽい子と思っていたけど、実際は好奇心旺盛。積極的に話してきてくれて、私の心のカギを開けてくれた」と撮影を振り返った。一方、トミタは「真野ちゃんは優しくシッカリ者。スタッフさんへの気配りをいつも忘れず、いろいろ教えてくれた」と、お互いの印象を語った。

その後、発売イベントでは初披露となる「17歳の歌」を熱唱すると、間奏ではファンによるモッシュサークルができるほどの盛り上がりに。YouTubeではトミタ自身による「17歳の歌」の振り付けを公開することも発表された。

最後のあいさつでは、月川監督は「ドラマの第7話は、原作者の原先生がちょうど見学に来られた時に撮影した自信作。ぜひ見てください」とアピールしたほか、トミタは「私の注目は最終話。編集でどんな仕上がりになっているのか楽しみです」とコメントし、イベントは幕を閉じた。

なお、9月27日には「shibuya duo MUSIC EXCHANGE」においてワンマンライブ「トミタ栞 もしも WORLD TOUR 2015 in JAPAN」、12月6日には「横浜FAD」においてツーマンライブ「Negiccoと、ツーマンライブにくりだそうツアー!!!」(出演:Negicco/トミタ栞)を控えている。