花粉症対策に紹介されることが多い“べにふうき茶”は、紅茶用の茶葉を緑茶にしたものです。アレルギー症状にいいとされるのは、べにふうき茶に多く含まれる“メチル化カテキン”の働き。他のお茶にはあまり含まれていない成分ですが、この成分には脂肪の蓄積を抑える効果もあることが分かっています。

“べにふうき茶”ってどんなお茶なの?

「べにふうき」は野菜茶業研究所によって開発され、1993年に登場した新しい品種のお茶です。紅茶や発酵紅茶用に加工すると、抗アレルギー作用があるメチル化カテキンがなくなってしまうため、緑茶として販売されています。カテキンは一般の緑茶にも含まれていますが、メチル化カテキンが含まれているのは「べにふうき」だけ。メチル化カテキンは、一般のカテキンより5倍〜6倍も吸収率が良く、継続的に飲むことで体内に脂肪が蓄積されるのを防ぐ効果があります。花粉症がツラい春先にかけて飲む人が多いのですが、それだけではもったいない。一年中いつでも飲んでダイエット効果を実感してはいかがでしょうか。

効果がアップする“べにふうき茶”の淹れ方がある

メチル化カテキンは高温で茶葉から抽出されます。ティーバッグタイプなら、べにふうき茶葉4g〜6gを500mlのお湯で5分程度、煮出しましょう。1日程度だったら取り置きができるので、何回かに分けて飲んでもOK。温かいお茶を飲みたい方は、ポットで保存しても大丈夫です。ティーバッグタイプは便利ですが、実は、捨てられる茶殻の方に有効成分がたくさん残ってしまいます。もっとべにふうき茶の効果を実感したい方は、粉末タイプのものがおススメです。茶葉をすべていただけるので、べにふうきの栄養をそのまま体内に取り込むことができます。

“べにふうき茶”はこまめに飲むのが効果的

べにふうき茶の効果的な飲み方は「少しずつこまめに飲むこと」。体内に入って3時間〜4時間程度で徐々になくなっていくので、一度に大量に摂取しても効果は半減してしまいます。さらに生姜を加えることで、メチル化カテキンの効果がアップすることも分かっています。生姜には、脂肪をエネルギーとして燃焼させる効果があるので、擦りおろした生姜や生姜パウダーなどを加えて飲んでみてください。ダイエットには特に効果的な飲み方ですよ!


writer:岩田かほり