第13戦・サンマリノGPは、レース内容、そしてシーズンの今後の戦いにもたらす影響――という意味の双方で、近年まれに見る波乱万丈の展開になった。9月13日の日曜午後2時にスタートし、全28周回で争われた決勝は、難しいコンディションを完璧に読み切ったかのように最適な戦略で乗り切ったマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が優勝。一方、チャンピオンシップをリードするバレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)は、会場を埋め尽くした地元ファンの期待に応えきれず5位でフィニッシュ。ロッシを僅差で追うホルヘ・ロレンソ(モビスター・ヤマハ MotoGP)は、今季初の転倒リタイアという、彼にしては珍しいノーポイントレースに終わった。

 アドリア海に面したイタリア屈指の保養地、リミニ海岸から数キロ内陸側に位置する「ミザノ・ワールドサーキット・マルコ・シモンチェリ」では、例年ならば温かい陽射しと穏やかな気象条件のなかでレースが行なわれることが多い。今年も金曜から土曜にかけて、理想的といっていい晴れのドライコンディションでフリープラクティスと予選が行なわれた。

 そこまでのパフォーマンスでは、ロレンソが一頭地を抜く速さを見せており、今回の優勝候補最右翼。彼に対し、自宅から10キロという文字どおりのホームコースで、会場を埋め尽くすファンの期待を一身に受けるロッシがどこまで肉迫するか。また、このふたりにマルケスが乾坤一擲(けんこんいってき)の勝負を仕掛けるであろうこともまた明らかで、この3選手が日曜の決勝レースではたしてどんな戦いを見せるか、ということが予選終了段階での最大の関心事だった。

 しかし、日曜午後になって黒い雲が上空を覆い、MotoGPクラスのレースがスタートする直前にわずかに雨がぱらつき始めた。雨量はごくわずかで路面を湿らせるほどのものではなく、ドライコンディションでレースはスタートしたが、雨は少しずつ勢いを増して、1周目を終えないうちに「フラッグトゥフラッグ」を示す白旗が掲示された。フラッグトゥフラッグでは、路面状況が変化してもレースの進行は中断せずに、選手たちはピットに戻ってウェット用タイヤ(あるいはドライ用のスリックタイヤ)を装着したマシンへ乗り換えることが許される。

 序盤周回からトップグループを構成したロッシ、ロレンソ、マルケスの3名は、雨脚が強くなっても互いに牽制しながらスリックタイヤのまま周回を続け、同タイミングでピットイン。ウェットタイヤのマシンへ乗り換えて再びコースに戻った。

 レース復帰後も3名はトップグループで争ったが、やがて雨は上がり、路面の走行ラインは急激に乾いていった。そうなると、ふたたびピットへ戻ってスリックタイヤのマシンに交換するタイミングが終盤の展開を大きく左右する。彼ら3名のうち、まずマルケスがピットへ戻り、その2周後にロレンソがピットイン。ロッシがピットへ戻ってマシンを交換したのは、さらにその1周後だった。

 以後は、スリックタイヤのマシンでいち早くラップタイムを上げていったマルケスが終盤に独走モードに入り、2位に7秒以上の差を開いてトップでチェッカー。ロレンソはスリックタイヤに換えた周回に転倒を喫してリタイア。マシン交換のタイミングを逸したロッシは、その後、前との差を詰めるチャンスを失い、5位でレースを終えた。

 前戦は転倒で終わり、チャンピオン3連覇はかなり遠ざかってしまったものの、今季4勝目を挙げたマルケスは、ピットインのタイミングが今日の勝負を分けた、と語った。

「ドライのレースだったらホルヘ(・ロレンソ)がすごく速かっただろうし、雨が続けばバレンティーノ(・ロッシ)についていけなかったと思う。レースのカギは、一番いいタイミングでバイクを換えられたこと。ミザノではMotoGPクラス初勝利なので、今日は勝てて良かった」

 この勝利により、チャンピオンシップのポイントは、トップのロッシとの差が63点、ロレンソとの差は40点になった。

「あと5戦を残してこの点差はあまりに大きい。自分の目標は残り5戦で勝つこと。来年に備えるためにも毎戦全力で走るつもりだし、この5戦で勝つことができれば、自分にとって今季はそれで充分だと思う」

 2位は、ヤマハサテライトのブラッドリー・スミス(モンスター・ヤマハ Tech3)が入った。コンディションが慌ただしく変化するなか、スミスはただひとり、最初から最後までマシンを交換せずに28周をスリックタイヤで走り続け、キャリア2回目の最高峰クラス表彰台を獲得した。

「バレンティーノたちがピットインするのが見えたけど、雨量が減りつつあったので、スリックで通そうと決めたんだ。何度も転びそうになったけど、『勇気はきっと報われる!』と何度も自分に言い聞かせて走り続けた。2位を獲得できるとは思わなかったけど、勝負に出た甲斐があったよ」

 3位はスコット・レディング(EG0.0 Marc VDS)。ホンダサテライトチーム2年目で、今回が最高峰クラス初の表彰台となった。

「僕は失うモノがないから、ダメもとで攻め続けた。サインボードで4番手と表示しているのを見たときは何かの間違いだと思ったけど、全力で攻め続けたんだ」

 5位に終わったロッシは、レディングたちと対照的に、リスクをとって失敗したときに自分は失うものがあまりに多いので大きな賭けに出られなかったのだ、とレースを振り返った。

「ホルヘがどのタイミングでピットに戻るかという様子もチェックはしていたけれども、ウェットから再度スリックに交換するのは判断が難しく、できればもう2周早く入りたかった。しかし、バックストレートではまだ雨が降っていたし、そこでまた強く降り出すことを考えると、リスクはあまりに大きかった」

 ロッシにとっては、あまりに慎重すぎる戦略が今回は裏目に出る恰好になったといえるだろう。ロレンソ、マルケスとのポイント差に関しても、ロッシは慎重な見方をしている。

「マルク(・マルケス)はかなりポイント数が離れているけれども、計算上はまだ可能性がなくなったわけではないから油断はできない。ホルヘに対しては、残り5戦で23ポイント差だからいいアドバンテージだと思う。とはいえ、ホルヘはこの残り5戦でどの会場でも勝つ可能性があるし、それはマルクも同じ。だから、チャンピオンシップのことを考えすぎると(優勝者の25点に対して自分が3位の16点に終わった場合は)、毎戦9ポイントずつなくしていくかもしれない。9×5で45ポイント。この数字は、今の自分のアドバンテージよりも大きいので、今後は毎戦勝利を狙い、ホルヘより前でフィニッシュすることを目標にしたい」

 ロッシとロレンソの2015年チャンピオン争いは、マルケスという不確定要素を挟みながら、シーズン終盤の5戦でますます緊張感を高めていきそうな状況にある。

西村章●取材・文 text by Nishimura Akira