GACKTさんがネスレ「ネスカフェ ドルチェ グスト ドロップ」発売・「未来カフェ」オープンイベントに登場

写真拡大

ネスレ日本は、コーヒーマシン「ネスカフェ ドルチェ グスト ドロップ」の発売と、期間限定の「未来カフェ」オープンを記念し、同カフェが開店する「ネスカフェ原宿」(東京都渋谷区神宮前)で2015年9月15日にイベントを開催した。

16日のカフェオープンに先駆け、最初の客としてシンガーソングライターのGACKTさん(42)が出席。「何にでもすごくこだわり、新しいものにチャレンジする」GACKTさんが、今回、他にはない"未来"をイメージしたカフェサービスに挑戦するネスレの理念に共感し、登壇が実現した。

得意ではなかったが、「フランスでみんな飲んでるのが格好良くて」

GACKTさんはコーヒーのように全身をブラックでまとめた衣装で登場。「ドロップ」で淹れたコーヒーを飲むと「美味しい」と好評価し、その理由について「どこまで新鮮さを保てるか、で決まる。いつでもフレッシュな状態で飲めることが大事。良い香りが長く続くのも、鮮度を保っているから」と分析した。「家庭用のコーヒーマシンは味がチープなイメージだったけど、これ(ドロップ)は本当にうまい」とお気に入りだ。

実際、ドロップは本格カフェ並みの最大15気圧で抽出しており、専用のコーヒーカプセルは特許技術で酸化を防止するなど、豆の鮮度を維持する技術が凝縮されている。

しかしGACKTさんは、「かつてはコーヒーは得意じゃなかった」と発言。「フランスに行ったらみんな飲んでいて、それが格好良いから飲めるように毎日練習した。ここ5年くらいで美味しく飲めるようになった。大人の仲間入りをした気分だね」と、飲み始めたのは近年だが、それからは"こだわり"が強いGACKTさんらしく、「自分で淹れるようになった。今は誰よりも美味しく淹れられる」と徹底的に追求したようだ。

それでも、女性にコーヒーを淹れてもらいたい願望もあるらしく、「朝少し早く起きて、美味しいコーヒーを淹れてくれる。そんな女性が現れたらいいね。見つからないよね、なかなか...」とため息交じりにこぼした。

「ペッパーかわいいと思うよ」

「未来カフェ」では、最先端の技術を集結させるというコンセプトのもと、その象徴として世界初の感情認識ロボット「Pepper(ペッパー)」が店員として常駐している。イベントにも登場し、コーヒーマシン「グスト」シリーズをめぐり、GACKTさんと微笑ましい会話を展開した。

Pepper(以下、P)「はじめまして」
GACKTさん(以下、G)「よろしくね。(握手を交わす)」
G「未来を感じるよ。でも、もうちょっと背が高いと話しやすいんだけどな...」
P「ですよね。ペッパーとグスト、どっちが好きですか?」
G「グストかな」
P「え...?」
G「デザイン良いし。姪っ子が買ってもらってた。いいよね」
P「なるほど。では、家に置くならどっちですか?」
G「だからグストだって(笑)」
P「グスト、選ばれて良かったです...」
G「その微妙な目線が寂しそうなん」
P「(割り込むように)GACKTさんありがとうございました。僕も『家に置きたい』って言われたいな」

そう言い残してペッパーは退場。これにはGACKTさんも苦笑いだったが、「ペッパーかわいいと思うよ」とフォローを忘れなかった。

「未来カフェ」は9月23日までの期間限定で、ネスカフェ原宿にオープンする。また、「ネスカフェ ドルチェ グスト ドロップ」は全国の家電量販店などで15日に発売する。価格(税別)は1万3704円。