Doctors Me(ドクターズミー)- ハウスダストがもたらす身体への影響は?

写真拡大

よく耳にする「ハウスダウト」。なんとなく体によくないことはわかっても、実態はよく知らない人も多いのではないでしょうか?ハウスダストとは単一のものを指すのではなく、カビやダニ、ペットの毛や便、花粉等の総称です。そのためにハウスダストが直接の原因となって病気が起こるだけでなく、アレルギー反応による病気も起こることがあります。

そこで今回は、ハウスダストがもたらす影響とその防ぎ方について、医師に解説していただきました。

ハウスダストが原因の病気とは?

ハウスダストによる症状は咳や痰などの呼吸器の症状や鼻水や鼻詰まり等の鼻の症状が多く、ハウスダストが原因となる病気としては、

・気管支炎
・肺炎
・気管支喘息
・アレルギー性鼻炎

などが比較的多く認められますが、まれにハウスダストに含まれるカビなどによってアレルギー性の肺臓炎が起こることがあります。慢性にアレルギーを起こす物質に接していることによって免疫の異常を起こすこともあります。

ハウスダストを防ぐ4つのポイント!

ハウスダストの影響を受けないようにする為には、なんといってもハウスダストを吸い込まないようにする必要があります。

1. マスクを着用する
2. ハウスダストが舞い上がらないように部屋を加湿する
3. 部屋を清潔にして、カビやダニ等を繁殖させないようにする
4. 屋外で着た洋服等は室内ではたかないようにする(花粉等は屋外から室内に持ち込んでしまうことが多いため)

ただアレルギー性の肺臓炎になってしまうと、今お話しした方法だけでは症状を抑えるのは不十分です。一旦アレルギー反応が起こると、2回目の反応は1回目の反応よりもひどくなることが多いので、アレルギーの原因を完全に取り除く必要があるために引っ越ししなければいけない場合があります。

アレルギー反応を抑える薬がある!

病院を受診してアレルギーの検査を受ければ、アレルギーの原因となるものを特定することができます。原因がわかれば対応も容易になりますので、ハウスダストが原因として疑われる時は検査を受けた方が良いでしょう。

検査は血液検査で保険の範囲内で行うことができます。最近はアレルギー反応を抑える薬が使えますので、原因を取り除けなくても、この薬で症状をかなり抑えることができます。

医師からのアドバイス

ハウスダストが原因でアレルギーを疑わせる症状がある場合は、一度専門医を受診して相談してみてくださいね。