日本人同士の決勝となった、9月13日のバドミントンスーパーシリーズ・ヨネックスオープンジャパン女子シングルス決勝。会場は前日まで響いていた声援が一気に静まり、緊張感に包まれた。

 その中で淡々と行なわれた奥原希望(日本ユニシス/20歳)と山口茜(勝山高/18歳)の対戦。ともに世界ジュニアの優勝者であり、高2で全日本総合を制した奥原と、2013年のヨネックスオープンジャパンを制した山口の、「元祖vs現役」スーパー女子高生の対決でもあった。

 8月の世界選手権では男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)、と男子ダブルスの早川賢一/遠藤大由組(日本ユニシス)、と女子ダブルスの福万尚子/興猶(よなお)くるみ(再春館製薬)が銅メダルを獲得した日本バドミントン。だが女子シングルスは3回戦止まり。日本代表チームの朴柱奉(パク・ジュボン)ヘッドコーチは、「今回は女子シングルスが頑張らなければいけない」と喝を入れたという。

 その言葉に刺激を受けたのか、女子シングルスがこの大会では連日会場を沸かせた。世界選手権連覇のキャロリーナ・マリン(スペイン/世界ランキング2位)を相手に敗れたとはいえ、1回戦で橋本由衣(NTT東日本)が第1ゲームを、2回戦では高橋沙也加(日本ユニシス)が第2ゲームを奪う健闘を見せた。

 また、5月に五輪出場レースに入ってからは勝ちを意識しすぎたり、他選手活躍に焦りを感じていたりしていた世界ランキング18位の三谷美菜津(NTT東日本)も、「世界選手権が終わってからは開き直って追い込む練習ができていた」と復調。2回戦で世界選手権2位、世界ランキング1位のサイナ・ネワル(インド)を2対0で下す殊勲をあげた。

 そんな選手たちに負けない戦いを見せたのが、高校生の山口だった。五輪出場レースで有利になる獲得ポイントの高い世界選手権出場を辞退して「最後の年だから自分を育ててくれた勝山市と高校に恩返しをしたかった」と、インターハイに出場した山口。そこで3連覇を達成した彼女は、世界ランキング10位。1回戦では、世界選手権3位でこれまで3戦して未勝利のスン・ジヒュン(韓国/8位)を相手に、ドロップショットなどで幻惑してあっさりと2対0で勝利を収めた。

 2回戦は格下を軽く下し、準々決勝はロンドン五輪女王の李雪ルイ(リ・シュールイ/中国/4位)との対戦。追い風の吹く苦手なコートだったが、山口にとって李は、6月のインドネシアオープンで勝っている相手。「初めて対戦した時から相手が自分に対して苦手意識があるかなと感じていたので、そこがプレーを楽しめた理由です」と、度胸も満点だった。

 そして準決勝では世界ランキング7位の王適嫻(ワン・シーシャン/中国)に対し、第1ゲームは相手を前後に動かして21対12で取ったが、第2ゲームは苦手な追い風の吹くコートで落とし、ファイナルゲームも6対11の状況で苦手な側のコートに移る危機を迎えた。

「ずっと勝てる気がしなかった。もう開き直って頑張るしかないので。それまでは自分が仕掛けることが多かったけど、無理に仕掛けないで相手の後ろに飛ばしてミスを待とうという気持ちになった」という山口は、お互いに3回ずつマッチポイントを握り合う大接戦を26対24で制し、決勝進出を決めたのだった。

 一方の奥原は、社会人になってからの2年間、相次ぐ膝の手術でこの大会は3年ぶりの出場。スーパーシリーズより格下のゴールデングランプリなどでは優勝もあり、世界ランキングは9位だが、五輪出場レースに入ってからのスーパーシリーズ2戦は1回戦負け、8月の世界選手権も初戦負けと、不安を抱いて臨んでいた。

 だが、1回戦で格下の選手に勝って落ち着くと、2回戦では同い年で13年世界選手権優勝のラチャノック・インタノン(タイ/5位)を相手に第1ゲームを奪われたものの、第2ゲーム、ファイナルと勝ち切った。「ラリーは自分のリズムで自信を持ってできた。後半は相手も疲れていたので体力勝ち。ジュニアの頃、タイに行って一緒に練習をしていたけど、13年世界選手権優勝で遠い存在になったと思った。でも、1回も勝ったことはなかったけど、今は私もランキングが上がり対等に戦える選手だと思えるようになっていた」と自信を覗かせた。

 そして準々決勝で三谷を下すと、準決勝ではタイ・ツーイン(台湾/3位)競り勝ち、決勝進出を決めた。決勝の相手となった山口について奥原は、「茜ちゃんは遠征でも同部屋になり、プレーだけではなくメンタルのこともよく話す相手。以前は年下に負けたくないという気持ちもあったけど、今は彼女が日本女子シングルスを引っ張っていく選手だと尊敬している」と対戦を楽しみにしていた。

 これまでの対戦成績は、奥原がジュニア以前の3戦を含めて4勝0敗。山口も「身長は同じくらいなのに、自分より粘り強い印象があってすごいなと思います」と言う相手。その言葉通り、決勝は一方的な戦いになってしまった。

 第1ゲームこそ21対18と競り合ったが、「これまでの試合の疲れがあって最初からスピードを上げられなかった。長いラリーになることが多く、自分の方が分が悪い、もっと仕掛けたいと思ったがなかなかうまくいかなかった」という山口は、結局第2ゲームも21対12で失い、あっけなく決着がついた。

「茜ちゃんは低く速い球を打つドライブ戦が得意なので、それに合わせてしまうとやられる。だからラリーに持っていくことを意識しました。今回も勝てたけど、彼女に対しての得意意識はない。ただ相手より『ここは負けない』という気持ちが強かったと思います。バドミントンのセンスでは茜ちゃんの方が上だけど、負けん気と練習を一生懸命やること、粘り強さは負けていないという自信があります」

 こう話す奥原は念願のスーパーシリーズ初優勝についても、「1勝すれはすごく大きなステップになると思っていたけど、勝ってみると嬉しいというよりも、これからもっと頑張っていかなければいけないという気持ちになりました」と気を引き締める。

 決勝で敗れた山口は「奥原さんとやるのはいつも準決勝とか決勝で疲れている時だから......。その点ではもっと体力をつけなければいけないと思う」と話す。

 彼女の持ち味はドロップショットだけではなく、前に突っ込みながらも手首を柔らかく使ってネット際にシャトルを落とすなどのトリッキーな技術。本人も、「一か八かの技だけど、昔から男子や大人と練習をやっていたから、勝つためにはそういうこともしなければいけなかった。そのおかげでいろいろ工夫するようになれたと思います」という勝負センスの高さだ。だが今回は疲労もピークになり、その技術を出せなかった。

 朴HCも「今日の山口はミスも多かったが、準決勝と決勝を見れば山口の方が厳しい戦いをしていた。今日の試合のスキルは奥原の方が良かったが、昨日までの動きを見れば山口の方が良かったと思う。ただ2人とも身長が低く、動き回って勝負するタイプなので、これからもっと安定した成績を出していくためにはフィジカルを強くしないとダメ」と課題をあげる。

 この2人を中心に世界と勝負していく女子シングルス。五輪出場レースはまもなく半分が経過するが、まだスーパーシリーズは格上のプレミアも含めて10試合残っている。現在の世界ランキングは9位の奥原と10位の山口に続き、高橋が16位で三谷が18位、佐藤冴香(ヨネックス)が19位で橋本が20位という状況。世界との争いだけではなく、国内のリオデジャネイロ五輪代表(最大2枠)争いも、これからますます激しくなる。それとともに、日本のレベルは上がっていくだろう。

※世界ランキングは9月3日 時点

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi