写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、500GBのHDDを搭載した「プレイステーション 4」(PS4)の日本国内における希望小売価格を、2015年10月1日(木)より従来の39,980円(税別)から34,980円(税別)に改定する。

PS4は2013年11月の発売以来、世界中で大きな話題を呼び、発売からわずか1年と4カ月後には世界累計実売台数2,020万台のマイルストーンを達成している。

SCEでは、今後はPS4専用ソフトウェアタイトルのラインアップの強化、PlayStation Network上で提供する各種ネットワークサービスの拡充や、PS4の世界を広げるバーチャルリアリティシステム「PlayStation VR(プレイステーションヴィーアール)」の発売など、PS4を中心としたエコシステムのさらなる充実を図ると同時に、これまで以上に魅力的な価格を実現することで新規ユーザー層の拡大を目指し、PS4の普及をさらに推進していくとしている。