辞任を発表した横浜FCのミロシュ・ルス監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 明治安田生命J2リーグの横浜FCは15日、チームを率いるミロシュ・ルス監督の辞任を発表した。後任監督は現時点で決まっていない。

 山口素弘氏に代わって今季から監督に就任したミロシュ・ルス監督だが、7月18日のロアッソ熊本戦を境に泥沼のリーグ戦8連敗を続けており、順位も17位に下がるなど、リーグ序盤に比べて大きく順位を落としている。クラブ側は話し合いの場を設けて慰留をしたものの、成績不振や体調不良などを理由に自ら辞任を申し出たようだ。

 ミロシュ・ルス監督は横浜FCのオフィシャルサイトを通じて「私はチームを去ることになりますが、チームは新たな力と共に必ずいい結果を出してくれると思います」とコメントし、チームの復調を願っている。

 同監督は今月に入りスロベニア人MFロク・シュトラウスを獲得していた。立ち去る前に残した置き土産として、チームの助けになるような活躍を期待したいところである。

text by 編集部