レンヌ加入が決定したMFヨアン・グルキュフ【写真:Getty Images】

写真拡大

 リーグ1のレンヌは14日、オリンピック・リヨンを退団しフリーとなっていたフランス代表MFヨアン・グルキュフの加入を発表した。1年間の契約で、期間は2016年までとなっている。

 グルキュフはレンヌの下部組織で育ち、2004年にトップチームデビューを果たした。その後、ミランやボルドーなどを渡り歩き、2010年にリヨンに加入。そして、今夏に契約満了によりチームを退団していた。

 レンヌ加入が決まったグルキュフではあるが、足の疲労骨折の治療もありチーム合流は回復してからとなる。リヨンでは5年間で公式戦128試合に出場し19得点を挙げていた。古巣のレンヌでは在籍中に公式戦71試合出場で6得点を決めており、再び活躍して恩返しをしたいところだろう。

text by 編集部