写真提供:マイナビニュース

写真拡大

秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」(〜11月1日)を開催中の東京ディズニーシー(千葉県浦安市)で15日、パーク史上初のフル仮装期間がスタートした。

"ヴィランズ一色の、クールで妖しいハロウィーン"にテーマを一新し、ディズニーの仲間たちとディズニーヴィランズ(ディズニーアニメの悪役の総称)が、クールなハロウィーンを繰り広げている東京ディズニーシー。今年は、これまで東京ディズニーランドのみで実施されていたゲストによるキャラクターのフル仮装が、9月15日〜17日の3日間限定で初めて東京ディズニーシーでも設けられた。

初日の15日、東京ディズニーシーには、フル仮装をしたゲストが続々来園。パークの象徴であるアクアスフィア(地球儀)や、"ヴィランズ"をテーマとするハロウィーンデコレーションが飾られたミラコスタ通りのエントランス、メディテレーニアンハーバーなどを背景に、記念撮影を楽しむ人の姿が多く見られる。

今年の主役である"ヴィランズ"の仮装も目立ち、『眠れる森の美女』のマレフィセントや『白雪姫』のウィックド・クイーンになりきる人の姿も。また、東京ディズニーシーの人気者・ダッフィー、白雪姫やアリス、シンデレラ、ラプンツェルといったディズニープリンス、『アナと雪の女王』のアナ、エルサ、オラフ、そして、ミッキやミニーなど、思い思いの仮装を楽しんでいる(別記事にて、仮装ゲストの写真特集を予定)。

なお、東京ディズニーランドのフル仮装期間は、9月8日〜14日、10月26日〜11月1日の合計14日間で、前半はすでに終了している。

※仮装のルールなどは東京ディズニー・リゾート・オフィシャルウェブサイト参照