2016年夏に制作が開始される『ブレードランナー2』。出演が決まっているハリソン・フォードの役どころと関連して、前作の最大の謎「6人目のレプリカントは誰か」が話題になっている。

「「ブレードランナー」続編で、「あの謎」は明かされるか」の写真・リンク付きの記事はこちら

2016年夏に制作が開始される『ブレードランナー2』。ハリソン・フォードが引き続き出演することは決定している(日本語版記事)ものの、その役割については大きな疑問が絡み付いている。

リドリー・スコットが監督を務め、1982年に公開された、フィルム・ノワール的なSF映画の古典とされる『ブレードランナー』では、フォード演じる主人公のリック・デッカードが、過密状態の人間社会に紛れ込んだ人造人間「レプリカント」たちを、専任捜査官(ブレードランナー)として探しだし、処刑していく。しかし、実はデッカード自身がレプリカントのひとりだったのではないかと解釈する説がある(冒頭のシーンで「6名が潜入」とあるが、作品中では5名しか登場しない)。

この映画は場面転換が非常に多く、それぞれのシーンの意味にたくさんの解釈ができるため、ファンたちは異論の多い展開について、数十年にわたって議論を続けてきた。

ブレードランナー続編で監督を務めるドゥニ・ヴィルヌーヴはこのほど、前作の謎に取り組む考えを明らかにした。

ヴィルヌーヴ監督は、「トロント国際映画祭」の会場で行われた「Crave Online」とのインタヴューで、次のように話している。

「現在の立場ではお答えできませんが、わたしはミステリーが大好きです。わたしは影を愛し、疑いを愛しています。ファンの皆さんには、われわれはあの謎を解決しますとだけ言っておきましょう」

2016年夏に制作が開始される続編には、スコット監督も、制作総指揮として再び関わることになっている。脚本は、1作目でも脚本に関わったハンプトン・ファンチャーとスコット監督のアイデアをもとに、ファンチャーとマイケル・グリーンが担当する。ストーリーについては、数十年後が舞台になることを除いてほとんど明らかにされていないが、ヴィルヌーヴ監督のコメントは、人間性の本質をさらに深く扱う可能性を示唆するものだ。

1作目は、フィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を(かなり逸脱したかたちで)脚本化したものだが、新作は映画版の逸脱をさらに拡大したものになるという。

ハリソン・フォードとともに出演が決まっているのは、映画『ドライヴ』や『オンリー・ゴッド』で主役を務めたライアン・ゴズリングだが、役柄は明かされていない。デッカードは映画の最後の場面まで登場せず、ゴズリングが新たな主役を演じるのではないかという噂もある。

TAG

BladeRunnerMovieWIRED UK