【9/17(木)開催トークイヴェント】リアルなDropboxこと「Sumally Pocket」は、“モノをもつ”をいかに変えるか?

写真拡大

いま必要のないモノを箱に詰めて送れば、必要なときに簡単に取り出せる──。「Sumally Pocket」は、“リアル世界のDropbox”とも呼びうるサーヴィスだ。開発したのは、モノ系ソーシャルネットワーキングサーヴィスを手がける株式会社サマリー。彼らはヒトとモノの関係をいかに変えようとしているのか? 9月17日開催のトークイヴェントにて、サマリーCEO山本憲資に弊誌編集長が訊く。

「【9/17(木)開催トークイヴェント】リアルなDropboxこと「Sumally Pocket」は、“モノをもつ”をいかに変えるか?」の写真・リンク付きの記事はこちら

取材対象者の著書はもちろんのこと、おもしろいと思った本はとにかく買うようにしている。献本をいただくこともある。編集部には、兎にも角にも本がよく溜まる。定期的に整理するなり売るなりすればいいのだが、それも「また必要になるかもしれないし」と言い訳をしてついつい先延ばしにしてしまう。

そんな『WIRED』編集部にぴったりのサーヴィスが登場した。その名も「Sumally Pocket」。とりあえずいま使わないモノをダンボールに詰めて送れば、それをiPhoneからいつでも写真で確認し、取り寄せることができる収納サーヴィスだ。

もちろん預けられるのは本だけじゃない。服でも、CDでも、小物でも、普段は使わないけど捨てられない大切なコレクションでも、1箱につき月額300円で何でも預けることができる。スマホの操作で取り寄せれば、最短翌日には手元に届く。まさに“リアル世界のDropbox”のようなサーヴィスである。

9月17日(木)、Apple Store表参道にて、「Sumally Pocket」を開発した株式会社サマリーCEO山本憲資と弊誌編集長・若林恵による参加無料のトークイヴェントが開催する。

サマリーといえば、モノの情報をベースにユーザーがコミュニケーションできるソーシャルネットワーキングサーヴィス「Sumally」で名が知られている。新サーヴィスでもあくまで“モノ”にこだわる彼らは、ヒトとモノの関係をいかに変えようとしているのか。その開発の経緯やサーヴィスのコンセプトを、山本に訊く。

“モノをもつ”の新しい姿を考えることは、“暮らす”の新しい姿を考えることでもある。「Sumally Pocket」のヴィジョンを通して、未来のライフスタイルを考えてみよう。

iOSアプリケーションを使って“モノ”の所有を新たな次元に

日時:2015年9月17日(木)19:00〜

場所:Apple Store 表参道
東京都渋谷区神宮前4-2-13

参加費:無料

>>お申し込みはこちらから

TAG

DropboxEventLifestyleSumally