Doctors Me(ドクターズミー)- 歯茎の色がコンプレックス?もしかして薬の副作用かも

写真拡大

服用しているお薬の副作用で、歯肉が腫れることがあるのをご存知ですか?これは薬物性歯肉肥大、または薬物性歯肉増殖といわれるものだそう。これが、コンプレックスになって、笑顔が上手くできない……といった方もいるかもしれません。

今回は、この薬物性の歯茎のトラブルについて医師に教えていただきました。

どんなお薬が歯茎に影響を与えるの?

近年、高齢化社会の背景や生活習慣病などの増加に伴って、さまざまなお薬を服用されて歯科を受診される患者さんも多くみられます。 その中で歯肉が腫れる副作用を引き起こしやすいといわれているのが次の薬です。

<副作用で歯茎が腫れる可能性のある薬>
・カルシウム拮抗の降圧薬
 (高血圧や狭心症などのお薬)
・免疫抑制薬
 (免疫疾患などの患者さんが服用するお薬)
・抗けいれん薬
 (てんかんのお薬)
…など

薬物性歯肉肥大の改善法&予防法

上記のお薬を服用しているすべての患者さんが、この副作用を発症する訳ではありません。というのは、この歯肉肥大の発現や再発にはプラークコントロールの状態が影響するということです。

もし、副作用である歯肉肥大が発症しても、歯肉の炎症の原因となる歯垢・歯石をなくすこと(歯周病の基本治療)で、症状を軽減できるといえるでしょう。しかし、プラークコントロールが不良になると歯肉の腫れや発赤が副作用の歯肉肥大をさらに悪化させることになります。

歯科医師からのアドバイス

重篤な歯肉肥大はプラークコントロールが難しいこともあり、歯周病をさらに悪化させることもありますので、その場合は、かかりつけの医師と相談して、このような副作用が出にくい薬に切り替えるなどの対処が必要になるケースもあります。
お薬を服用していて、なかなか歯肉の腫れが治らないという方は、一度歯科医院で相談されてみてはいかがでしょうか。

(監修:Doctors Me 歯科医師)