キヤノン電子テクノロジーは9月14日、サイボウズのクラウド・アプリケーション基盤である「kintone」をプラットフォームとして開発した、中小企業向けの「マイナンバー管理ソリューション on kintone」を提供開始した。価格は、初期導入時が10万円、月額費用が7,500円。初月度は無料で、別途kintoneのユーザー・ライセンスが必要。

新サービスは、kintoneのセキュアなクラウド環境を利用し、さらに特定個人情報であるマイナンバーを適正に取扱えるよう、マイナンバーガイドラインの安全管理措置を考慮したというシステム。

また、安心して利用するために、マイナンバー管理の運用開始にあたって作成が必要となる基本方針や規程集などのドキュメント・サンプルを用意したほか、ユーザー企業が業務アプリケーションを作成する際に、課題解決のためのアドバイスや疑問に応えるサポートも実施する。その他、ユーザー企業の個別要件に応えるカスタマイズ開発にも対応するという。

同サービスの導入によりマイナンバーの管理・運用に加えて、kintoneライセンスに含む各種アプリケーションを利用できる。同社では、kintoneで用意したアプリケーション部品を利用して、ユーザー企業自身もしくは同社サービスにより今まで手つかずだった業務のIT化も同時に解決できるとしており、マイナンバーに掛けたコストを有効活用できるという。

(山本善之介)