パーティーやイベントで実践したい、星座別・恋人候補を引き寄せる会話術

写真拡大

シルバーウィークも近いし、10月にはハロウィンもあるし…知人同士で集まってパーティーをしよう、なんていう企画も増えてきそう。

西洋占星術研究家でアロマセラピストの登石麻恭子さんは、「今は、大勢で集まる場に行くと、そこでのコミュニケーションから恋が生まれる時期です」と話す。

「恋愛運を司る金星が、コミュニケーションの意味を持つ水星といい角度でつながります。さらに今、金星は“楽しく盛り上がる”という意味合いがある獅子座の影響を受けているので、楽しいコミュニケーションから恋が進展しやすいです」(同)

それでは星座別に、どんな話題でコミュニケーションをすると恋愛に発展しやすいのか、チェックしてみよう。
◆火の星座(牡羊座、獅子座、射手座)

人が大勢集まる場で盛り上げ役になることが多い火の星座。特にこの時期は、自分自身の過去の面白い体験や笑える失敗談などを披露すると、その場がドッと湧き上がりそう。その中で、いちばん大きくリアクションした男性に注目。彼とは気が合いやすく、恋に発展する可能性も高いはず。ただし、体験談を披露するうちに自慢話をしてしまう…という展開になると、場は盛り上がらないうえ、恋も遠のいてしまうので注意して。

◆土の星座(牡牛座、乙女座、山羊座)

普段は他人の感情を読み取るのがあまり得意ではない土の星座だけれど、この時期は相手の感情を敏感に察知し、共感する力が高まる星回り。そこで、気になる人がなにか悩んでいる気配がするのなら、パーティーや会合の場で声をかけて、相手の話を聞いて。ポイントは、コミュニケーションをとる際に、自分の話はあまりせず、じっと相手の話に耳を傾けて聞き役に徹すること。今なら相手の気持ちにうまく共感した反応ができるはず。「この人は自分の気持ちをわかってくれる」と彼が思い、関係が急接近することに。

◆風の星座(双子座、天秤座、水瓶座)

みんなでワイワイ盛り上がるのが大好きな風の星座は、相手の話を引き出したり、話が盛り上がる相づちを打ったりするのが得意。この時期はその特徴を生かして、パーティーでノリよく話をしている人に対し、「それでそのあとどうなったの?」などと合いの手を入れて。すると相手はさらに面白い話をしはじめて、楽しいコミュニケーションが生まれそう。結果、お互いに「この人といると楽しい」という感情が生まれ、恋愛に発展する可能性が。

◆水の星座(蟹座、蠍座、魚座)

水の星座は、他人の感情に寄り添う能力が高い半面、自分自身の感情が安定しにくい傾向が。そこでこの時期は、人が集まる場面で“グルメネタ”を披露して。“グルメネタ”に反応した相手は、水の星座の感情面をフォローして、安定へと導いてくれる人となるはず。これは、おいしい食べものを探して味わうことに強い興味を持つ人は、即物的で現実志向なため、感情面が安定している傾向があるから。一見、正反対の性格のように思えるけれど、お互いにないものを補完し合える相性のいい組み合わせになりそう。

気候がよくなり、食べものがおいしくなるこの季節は、バーベキューやワインパーティーなどの企画も増えるはず。そうした場所で、今回紹介した話題で積極的に異性に話しかければ、恋人候補を見つけて。

登石麻恭子
西洋占星術研究家、英国IFA認定アロマセラピスト、日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター。『魔女の手作り化粧品』(ワニブックス)、『魔女のアロマテラピー』(INFASパブリケーションズ)などの著作があるほか、日本初の12星座別アロマコスメ「Magical Mystery Aroma(マジカルミステリーアロマ)」のブレンド監修も担当。

★★お知らせ★★
登石さんがブレンド監修をしている12星座別アロマコスメ「Magical Mystery Aroma」を活用した恋愛運アップメルマガ「365日の恋魔術」をほぼ毎日配信中。毎日の恋愛運アップに役立ててみて。登録は「365日の恋魔術」で検索、または以下のサイトから。
https://88auto.biz/mm-aroma/touroku/entryform2.htm