バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表FWトーマス・ミュラー【写真:Getty Images】

写真拡大

 今夏にマンチェスター・ユナイテッドは、バイエルン・ミュンヘンに所属するドイツ代表FWトーマス・ミュラーに対して史上最高額のオファーを提示していたようだ。13日の独紙『キッカー』が報じている。

 当初は6500万ポンド(約120億2500万円)のオファーを出したと報じられていたが、同紙によると実際には8800万ポンド(約162億8000万円)のオファーを提示して獲得に乗り出していたとのこと。さらに、年俸は920万ポンド(約17億200万円)で2020年までの契約を結ぶことを目指していたようだ。

 バイエルン側が移籍を容認しなかったため実現には至らなかったが、もしも実現していれば、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにレアル・マドリーが支払ったとされる6900万ポンド(約127億6500万円)を遥かに凌ぐ史上最高額の取引となっていた。巨額オファーにミュラー本人からは「頭がおかしい」とまで言われてしまい、フラれてしまったユナイテッド。その片思いが実ることはあるのだろうか。

text by 編集部