写真提供:マイナビニュース

写真拡大

KDDI研究所とクリエイターズマッチは9月14日、バナー広告から利用者が受ける印象を事前に推測するコンテンツ解析技術を開発した。

同技術により、バナー広告の品質向上と広告制作作業の効率化を図ることができるとともに、利用者にとって魅力的で信頼感のあるバナー広告の配信が可能になる。

今回、利用者から収集した膨大な量の広告に対する感想から独自の印象指標を抽出し、深層学習を利用することで、広告に特化した30種類の印象項目(「お得感がある」「信頼感がある」など)を高精度に推測することが実現された。

化粧品広告を用いた一般被験者243名による実証実験では、利用者が受ける印象を約71.7%という高い精度で推測することに成功したという。

今後は同技術を用いて、さまざまな業種のバナー広告から顧客が受ける印象を推測する汎用的なエンジンの開発を進めていき、開発した汎用エンジンは、クリエイターズマッチが提供する広告評価プラットフォームAdFlowや、KDDIの関連会社であるmedibaなどでの活用を予定している。