写真家クリスティーナ・デ・ミデル、日本初個展開催 - ドキュメンタリーとフィクションを繋ぐ

写真拡大

スペイン人写真家、クリスティーナ・デ・ミデルの日本初個展「This is what hatred did」がIMA galleryで開催される。期間は2015年9月27日(日)から11月8日(日)。

[ この記事の画像をもっと見る ]

デ・ミデルは、2011年に自主制作した写真集『The Afronauts』が世界中で話題を呼び、いま最も注目される写真家のひとりだ。彼女の作品の特徴は、ドキュメンタリーとフィクションの間をつなぐ独自の着眼点と綿密に作り込まれた幻想的なイメージ。

今回発表される新作「This is what hatred did」は、エイモス・チュツオーラによる幻想小説『ブッシュ・オブ・ゴースツ』をもとにした作品だ。 アフリカを舞台とした『ブッシュ・オブ・ゴースツ』は、兵士たちの攻撃を受けた村を逃げ出し、ゴーストでいっぱいのブッシュ(薮)に迷い込んだ少年の物語。デ・ミデルは、この物語をベースにしながらも、フォトジャーナリストとして撮影場所であるラゴスのスラム街・マココのドキュメントもしている。

本展覧会では、『ブッシュ・オブ・ゴースツ』の森に迷い込んだようなインスタレーションを楽しめる。また、大胆なアイデアを活かした展示も見所だ。

【開催概要】
クリスティーナ・デ・ミデル 個展「ブッシュ・オブ・ゴースツ〜This is what hatred did〜」
開催期間:2015年9月27日(日)〜2015年11月8日(日)
開催会場:IMA gallery / IMA CONCEPT STORE 内
住所:東京都港区六本木5-17-1 AXIS ビル3F
TEL:03-5572-7144
開催時間:12:00〜22:00 (平日) / 11:00〜20:00 (土・日・祝)
観覧料:無料