日本サッカーの拠点を千葉県幕張海浜公園に設置することで基本合意

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)が、(仮称)JFAナショナルフットボールセンターの設置に向け、千葉県と基本協定を結んだことを発表した。県立幕張海浜公園への設置を目指す。11日に締結式を行った。

 JFAによると、大仁邦彌会長は「世界レベルのフットボールセンターであることはもちろんのこと、地域の皆さまにも楽しんでいただけるような施設をぜひ作りたい」と考えを述べ、千葉県の森田健作知事は「ナショナルフットボールセンターが千葉県に出来るのは名誉なこと。これからJFAと詰めていくことになりますが、ぜひ(東京五輪のある)2020年よりも前に開設をしていただけたらと思います」と話した。

 大仁会長は同日、千葉市の熊谷俊人市長にも基本協定締結を報告。相互協力を呼びかけた。