ステロイド剤については誤解が多く、使用が敬遠されがちです。使用を拒否することで本来もっと早く治癒できるものを遅らせている場合もあります。正しく使えばステロイドは良薬といえますので、付き合い方について考えてみましょう。

ステロイド剤ってどんなお薬なの?

そもそもステロイド剤とはなんでしょう?人間の体内で分泌されるホルモンのひとつにステロイドホルモンというものがあり、その中の副腎皮質ホルモンは炎症を抑える力がとても強いことがわかっています。

身体になんらかの炎症が起こったとき、体内ではこの副腎皮質ホルモンがフル活動することによって炎症を抑えてくれますが、体内での合成量が足りない場合は症状が悪化するため、医療機関では「合成副腎皮質ホルモン=ステロイド剤」を処方します。これにより炎症を抑え、異常な免疫反応(アレルギー)を抑えるように処置しているのです。この薬が開発された当初は副作用が強いものや効果が出過ぎるものもあったとされますが、長年の研究により現在はさまざまなステロイド剤が開発され、症状に応じたステロイド剤が処方されるようになっています。

怖いのは効き過ぎるから。

アレルギーやアトピーといった原因不明の疾病発症が現代社会では増えているのに、オーガニックや自然派嗜好の方が増えているだけでなく、玉石混淆の情報氾濫により、医師を悩ませているのが過剰な「ステロイド拒否」です。

さまざまな誤解や噂話を信じる患者さんからステロイドは使いたくないと拒否されてしまうと、弱い薬を処方せざる負えなくなり、症状を悪化させたり治癒を遅めたりしてしまうのです。確かにステロイド剤は良く効くので、すぐ効く薬は強すぎて体に悪いのではないか、やめるとリバウンドして症状が再発したり悪化するのではないかと不安にもなります。しかし自己判断せずに医師の診察のもと使用や中止をすれば大きな副作用などは起こったりしません。だいたいは、怖くて勝手に使用を止めたり、量を守らなかったりすることで思わぬ副作用が出てしまうのです。特に多いのが使用量です。病院では「薄く塗ってください」とか「顔には絶対使わないでください」と注意されているにも関わらず、効果が感じられるからといってたっぷり塗ってしまったり、ちょっと顔にできた吹き出物にまで塗ってしまったりする人が少なくないのです。

用法容量を守れば優れた効果

ステロイド剤には異常な免疫反応を抑える免疫抑制の効果があります。そのためアレルギーや自己免疫疾患の治療にも使われますが、正常な免疫反応まで抑制してしまい菌に弱くなり、風邪を引きやすくなったりニキビができやすくなったり、カンジダ症になるといった副作用が起こる場合もあるとされます。しかしそのような副作用は症状が軽くなってからもステロイド剤を投与または塗布し続けた場合に起こる副作用であり、医師は副作用が出ないように使用期間や使用量を調整しながら処方してくれます。自分では治ったと思ってもまだ見えないところに炎症はあって、勝手に使用を中止したためにパワーアップして再発してしまうことも少なくありません。逆に医師の指示通りに使用すれば、困った症状があっという間に治ることも少なくないのです。

皮膚疾患は自己判断や民間療法的な処置をし続けることで症状がどんどん悪化する場合も多く、そういった人が最終的に医者にかかると「なぜもっと早くステロイド剤を使わなかったのだろう」と後悔することも少なくありません。

どんなに良い薬でも使い方を間違えれば毒になります。正しい使い方を指示してくれる医師との信頼関係も大切です。かかりつけの医師やかかりつけの皮膚科を探しておくのも大切です。


writer:しゃけごはん