『パカパカファーム』成功の舞台裏 連載●最終回

 アイルランド人のハリー・スウィーニィ氏は、故郷から遠く離れた日本でパカパカファームを開場し、競走馬の生産に日々励んでいる。日本ダービーを制したディープブリランテをはじめ、これまでに3頭のGI馬を輩出してきた。しかし、彼が現状に満足することはない。さらなる進化・発展のために、大いなる"野望"を抱いている。この連載の締めくくりとして、そんなスウィーニィ氏の果てしない思い、そして未来への決意を綴る――。

1990年4月4日、初めて日本にやって来たハリー・スウィーニィ氏。このとき、大樹ファーム(北海道大樹町)の場長兼獣医師として招かれた彼は、当初、日本に"半年ほど"滞在するつもりで来日したという。

 しかし、その目算は大きく外れ、彼は大樹ファームで5年の時を過ごした。さらにその後、待兼牧場(北海道日高町)のゼネラルマネージャーとして3年間勤務すると、個人トレーダーを経て、2001年にパカパカファームを開場。2007年のNHKマイルカップを制したピンクカメオを皮切りに、2012年のダービーを勝ったディープブリランテ、今年のNHKマイルカップを優勝したクラリティスカイと、次々にGI馬を輩出する気鋭の牧場を作り上げてきた。

 本人も「まったく想像していなかった」という、日本での長い"戦い"。半年の滞在という想定をはるかに超え、日本に来てから25年の月日が流れた。そして今、彼はホースマンとして、日本で最後まで"戦う"ことを決意している。

 ゆえに、スウィーニィ氏の胸中には、こんなプランがある。

「私には子どもが4人いて、上の3人は社会人や大学生となって、もう独り立ちしています。そしてまもなく、末っ子も大学に行きます。そうしたら、こちらにマイホームを建てて、妻をアイルランドから呼ぼうと思っているんです。もう家を建てる場所は決めていて、これから建築士とデザインを考えていくつもり。もちろん、そのときまでにお金があれば、ですけどね(笑)」

 結婚してすぐに来日したスウィーニィ氏は、当初夫人と一緒に日本で生活していた。しばらくして子どもができると、アイルランドに夫人を帰して、単身赴任の生活を送ってきたが、これからはまた、愛妻とともに日本で"奮闘"していくという。

 そしてスウィーニィ氏は、愛妻と暮らしていくマイホームを建てる場所へ、早速案内してくれた。そこは、パカパカファームの敷地の一角で、小高い丘になっている地点。「ここからなら、いつでも牧場が一望できます。すぐに馬の様子を見られるので、安心ですよ」と、目を輝かせた。

 スウィーニィ氏の、日本のホースマンとしての夢も尽きない。

「小さい頃から私が見てきたのは、凱旋門賞をはじめとしたヨーロッパのビッグレース。ですから、そういったレースにパカパカファームの生産馬が出てくれたら、とてもうれしいです。でも、それよりも大切なのは、日本のビッグレースで生産馬が勝つこと。もう日本にずっといるし、これからも日本でやっていきます。だから、少しでも日本のレースで生産馬が活躍してほしいですね」

 来日前は、日本の競馬を「まったく知らなかった」というスウィーニィ氏。そんな彼も、今では「ダービーはもちろん、皐月賞や天皇賞、有馬記念など、日本のGIを勝てるのであれば、どんなレースでもうれしい」と語る。25年の時を経て、彼は日本の競馬にどっぷりと浸かったのだった。

 ただ、彼が牧場経営をしていてうれしい瞬間は、生産馬がレースを勝つことだけではない。

「牧場をやっていてうれしいのは、無事に子馬が生まれたとき。健康な子馬が生まれて、母馬も無事だとわかった瞬間は、いつも胸が一杯になります。あの瞬間は本当に素晴らしいですね。あとは、夜一人で事務所のデッキに出て、牧場の景色を眺めながらワインを飲むのも楽しいですよ(笑)。家族のことや、牧場の未来を考えるんです」

 事務所のデッキからは、広く牧場が見渡せ、遠くには月の明かりに輝く太平洋が望める。その美しい景観の中、あれやこれやと考えを巡らせることが、スウィーニィ氏の"お気に入り"のようだ。例えば、牧場の今後については、こんなことを想像するという。

「社台グループがサラブレッドの"大型デパート"だとしたら、パカパカファームは"セレクトショップ"を目指したいんです。小さいけれど、いいモノがそろっている牧場。血統などを見て子馬を買うのと同じように、『パカパカの馬だから買う』というブランドを築きたいですね。それだけ、手をかけているという自負がありますし、これからも子馬の管理や飼育に関しては、決して妥協はしません」

 インパクトのある牧場名にしたい――その思いからつけた「パカパカファーム」というネーミング。このユニークな牧場名は今、確実に"ブランド"として定着しつつある。が、スウィーニィ氏が見据えるゴールは、まだはるか先。だからこそ、彼はこれからも試行錯誤を繰り返していく。

 余談だが、スウィーニィ氏が事務所のデッキにいる時間は、パカパカファームの子馬たちを鍛えることにもつながっているという。無邪気な笑顔を見せながら、スウィーニィ氏がその理由を教えてくれた。

「昨年からサックスの演奏にはまっていて、夜にデッキでサックスを吹くのが日課。でも、なぜか牧場の馬たちは、私のサックスを聞くと逃げていくんです。ただ、そうやって逃げているうちに、子馬たちの脚力は鍛えられているはず。ですから、これからデビューする馬たちは、私のサックスのおかげで大活躍しますよ(笑)」

 そんな冗談を言ったあと、彼はいたって真剣な面持ちで「最後の最後に目指したい夢」について語った。

「これは、夢のまた夢ですが、いつかチャンスがあったら、自分が競走馬のオーナーとなって、自分の勝負服でビッグレースを勝ってみたい。これは目標というより、心の片隅にある最後の夢です。でも、そういう夢に近づくくらい、パカパカファームが発展すればいいですね」

 スウィーニィ氏は、JRAの馬主資格も保有している。そのため、自分が生産馬のオーナーとなって走らせることも可能だ。もちろん、今は子馬を売ることがメインだが、「一度は、自分が活躍馬のオーナーになってみたい」と、秘めた思いを最後に吐露した。

 開場わずか10数年で3頭のGI馬を輩出し、飛躍的な成長を遂げてきたパカパカファーム。はたして、これから先はどんな未来が待っているのか。パカパカファームとスウィーニィ氏の"戦い"を、これからも見守りたい。

【プロフィール】
■ハリー・スウィーニィ
1961年、アイルランド生まれ。獣医師としてヨーロッパの牧場や厩舎で働いた後、1990年に来日。『大樹ファーム』の場長、『待兼牧場』の総支配人を歴任。その後、2001年に『パカパカファーム』を設立。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制した。

河合力●文 text by Kawai Chikara