「ピアット・レガーロ 国産牛ステーキ〜山わさび添え〜」(2138円)。北海道名産の山わさびの醤油漬けがアクセント(ステーキは北海道産を提供。売り切れの場合国産となることもあり)

写真拡大

全国のロイヤルホストでは、9月8日(火)から12月上旬(予定)まで、北海道の食材をテーマにした期間限定フェア「北海道フェアイタリアン 34品目の食材」を開催。同社社長の「北海道のおいしい食材を全国の人に知ってもらいたい」という願いを込め、ワンランク上のイタリアンを提供する。前菜からメイン、デザートまで、旬の道産食材を盛り込んだちょっとおしゃれでリッチなフェアメニューを味わおう。

【写真を見る】「ピアット・レガーロ チキンのグリル〜濃厚クリームソース〜」(1922円)。香ばしく焼き上げたチキンと、なめらかな口当たりの濃厚クリームソースが好相性

今回のフェアは、日本各地の食材を料理で紹介する企画「Good JAPAN」の第4弾。厚岸(あっけし)町産のアサリや花咲蟹、猿払(さるふつ)村産のホタテ、増毛(ましけ)町産の甘エビをはじめ、社長自ら道内の生産者に会って話を聞き、納得した食材34品目をセレクトしている。さらに、各店舗ではコックがひと手間かけ、素材の持ち味を生かして調理しているというのもポイント。カボチャやニンジン、ブロッコリーを蒸し、オーブンでじっくり火を通すことで味を凝縮させたマリネ、脂ののった樺太シシャモをオーブンで焼いて、少し水分を飛ばしてからペーストにした前菜など、味わい豊かな品々がそろう。

なかでも一押しは、3種類の「ピアット・レガーロ(一皿の贈り物)」。パスタ、ビーフ、チキンから1種類を選ぶメイン料理に、紅ズワイ蟹のフリッタータ他9品の前菜盛り合わせ、そして北海道名産の果実ハスカップを使ったピンクのドレッシングで仕上げるシーザーサラダや道産小麦のフォカッチャをプラスした贅沢な内容だ。

この他、ホウレンソウを練り込んだ緑色の生パスタを使った「秋鮭のタリオリーニ“ヴェルデ”〜道産秋鮭と知床産いくら〜」(1490円)、クリーム系パスタ「漁師のクレマ“ビアンコ”〜3種貝と花咲蟹、真鱈、たらこ〜」(1598円)、そしてトマトベースの「牧場のピッカンテ“ロッソ”〜厚切りベーコンとリコッタチーズ〜」(1490円)といった、それぞれ緑、白、赤のイタリアンカラーを表現した3種類のパスタもおすすめ。

デザートの「大雪モンテ・ビアンコ」(626円)や、道東の池田町産十勝ワイン「清見」(グラスワイン518円、デキャンタ2052円、720mlボトル2916円)と合わせて、豊かな食の時間を楽しみたい。【北海道ウォーカー】