JFLのアスルクラロ沼津への加入で現役復帰を果たした元日本代表FW中山雅史【写真:Getty Images】

写真拡大

 JFLのアスルクラロ沼津は14日、元日本代表FW中山雅史が加入したことをオフィシャルサイトで発表していた。背番号は「39」。

 今月の23日で48歳を迎える中山は、2012年12月にJ1のコンサドーレ札幌(この年を最下位で終えたためJ2に降格)で現役を引退。

 しかし、今月5日に中山が練習に参加していたことを沼津が明らかにしており、加入は目前とされていた。この度、2年9ヶ月ぶりに現役復帰を果たす。

 “ゴン中山”の愛称で知られる中山は、J1通算歴代最多となる157ゴールを記録しており、過去に4度のベストイレブン(97年、98年、00年、02年)に選出され、2度の得点王(98年、00年)とMVP(98年)に輝いている。

 日本代表初のワールドカップとなった1998年フランス大会では、ジャマイカ戦で日本人選手第1号となるゴールを決めるなど、まさに日本サッカー史に残る選手でもある。

 沼津は現在、JFLのセカンドステージで勝ち点11の9位につけている。“魂のストライカー”の加入でさらに順位を上げることはできるだろうか。

text by 編集部