トレーニングウェアの下に装着しても目立ちにくいデザイン

写真拡大

パナソニックは、EMS(Electric Muscle Stimulation)エクササイズ機器「ビューティトレーニング ES-WB60」(ラン・ウォーク用ウエスト)を2015年9月21日に発売する。価格はオープン。

電気刺激の負荷で効率的にウエストを筋トレ

久留米大学医学部の研究グループが進めてきた「ハイブリッドトレーニング」と、独自の「センシング技術」を融合。体側(たいそく)に装着した「ボディモーションセンサー」により身体のひねり動作を検出。伸びる筋肉に対して電気刺激による負荷をかけ効率的に引き締めることで、ランニングやウォーキングなど有酸素運動をしながらウエストを筋トレできる。

「ラン」「ウォーク」「ツイスト」、3つの「ハイブリッドトレーニングモード」を搭載。各エクササイズによって異なる「腹部(骨盤)の動き」と「筋肉が動く速度」に応じたプログラムにより、筋肉に最適なタイミングで電気刺激をかけられる。

トレーニングウェアの下に装着しても目立ちにくいデザインを採用。背面に「コントローラーホルダー」を備え、運動中もコントローラーを固定できる。バッテリーはリチウムイオン電池を内蔵。約1時間の充電で、1回約30分のエクササイズを約3回行える。カラーはピンク。サイズはS/M/Lをラインアップ。