一番手前左が「ムースグラッセショコラキャラメルマスカルポーネ」

写真拡大

フランス・パリに本店を持つショコラのお店「ジャン=ポール・エヴァン」が、2015年9月17日に、国内10店舗目となるブティックを札幌三越地下2階にオープン。ブティックは北海道初上陸となります。

札幌ならではのショコラも展開予定

ブティックには、ショコラやマカロン、ガトーを販売するスペース「カーヴアショコラ」、そしてショコラショなどをその場で楽しめるイートインスペース「バーアショコラ」(15席)を用意しています。

またオープン記念として、三越札幌店限定のショコラも多く登場します。ショコラでつくられたゴブレット(祝杯)に三越札幌店オリジナルセレクトのショコラを詰め合わせ、ショコラ細工の薔薇を飾った「ソリフロール ショコラ ルージュ」(8079円)の美しさは、本当に全部食べられるの?と不思議なほどです。

他にも、北海道産マスカルポーネクリームを使用した「ムースグラッセショコラキャラメルマスカルポーネ」(1322円)などを三越札幌店限定で販売。そして産地別のカカオを使用した新作ボンボンショコラ(ペルー産・ブラジル産・マダガスカル産、各340円)が全国のブティックに先駆けて先行で販売されます。

今後は北海道というロケーションを活かし、地産の食材を使った三越札幌店ならではのルセット(レシピ)の展開も予定しているとのこと。これからの商品からも目が離せません。