シャンパンゴールドその1

写真拡大

ヤマハ発動機(静岡県磐田市)は、3輪電動アシスト自転車「PAS ワゴン」2015年モデルを9月21日に発売する。

3輪ならではの安定感を求める人や低速で走行する人向けにつくられた電動アシスト自転車。足が地面につきやすくまたぎやすい「低床Uフレーム」を採用。また、便利なリヤバスケットや、バッテリーの残量を大きな数字で表示する「かんたんスイッチ」、シンプルな2つの走行モード、暗くなると自動で点灯するオートライトなど、使用する人にやさしく便利な機能が充実している。

15年モデルは車体カラーの見直しを行い、上品で華やかなカラーリングにイメージを一新。また、落ち着いたダークブラウンのフロントバスケットやリヤバスケットを採用し、統一感と高級感を意識したという。

新色の「オパールブルー」は、性別を問わない青を基調とした偏光カラーで、光の加減でさまざまな表情を楽しめる。

ギアポジションに合わせてきめ細やかな制御を叶える独自機構「S.P.E.C.3(スペックスリー)」や、なめらかな走行を実現する「トリプルセンサーシステム」、3種類のリチウムイオンバッテリーの互換性など、従来から好評の機能はそのまま継承した。

価格は20万3040円(税込)。