会員数200万人を突破! Amebaの「読書のお時間です」に新機能「マンガにしてみた」の提供開始

写真拡大 (全2枚)

サイバーエージェントの連結子会社でブックテーブルが運営する電子書籍サービス「読書のお時間です」が提供開始から2周年で会員数200万人を突破。さらに全ユーザーがオリジナル漫画を無料で投稿できる新機能「マンガにしてみた」の提供を開始した。

「読書のお時間です」は、「進撃の巨人」(著:諫山創、発行:講談社)、「君に届け」(著:椎名軽穂、発行:集英社)、「名探偵コナン」(著:青山剛昌、発行:小学館)などの人気タイトルを始め、漫画を中心に100社以上が提供する電子書籍約8万冊を購読できる電子書籍サービス。電子書籍は「Ameba」の仮想通貨コインにて購入して楽しむことができる。

■簡単投稿、手軽に閲覧、誰でも投稿できる
このたび提供を開始した新機能「マンガにしてみた。」は、Ameba会員であればスマートフォンやPCから誰でも簡単に無料で漫画を投稿、そしてダウンロードすることなくワンクリックでスムーズに作品閲覧することができる。お気に入り機能や、マンガへの感想を受け取ることできるコメント機能を用意し、漫画を描くことが初めての方からプロの漫画家まで誰でも自作の漫画を公開することが可能。

また、4コマ漫画から長編漫画まで、ユーザーが投稿した2000話を超える作品の中からお気に入りの漫画との出会いをサポート。読書のお時間です編集部のおすすめ漫画一覧“スゴ話”を用意している。

■新機能リリース記念で人気お笑い芸人の漫画を公開
今回の新機能リリースを記念して、お笑い芸人の天津向(てんしんむかい)さんの斬新な絵心を披露する漫画の連載や、イラストを使用したコントで有名なネゴシックスさんの一コマ漫画、アメリカザリガニ平井さんなどの作品を公開。著名人のオリジナル漫画を楽しめるようになっている。

■2周年200万会員突破記念“ありがとうキャンぺーン”
「読書のお時間です」は、2周年200万会員突破を記念して、人気作品が常時100冊無料で読める“ありがとうキャンぺーン”を開催。今後も利用者に楽しんでもらえるコンテンツや新機能の展開を積極的に行っていく。

■サービス運営会社概要
社名:株式会社ブックテーブル
所在地:東京都渋谷区円山町28番3号
設立:2014年12月1日
資本金:40百万円(2014年12月末現在)
代表者:代表取締役社長篠田俊英
事業内容:電子出版物の企画、編集、制作、販売

■「読書のお時間です」
■Ameba

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・電子版同時発売!「文藝春秋」10月号で芥川賞作家又吉直樹氏と羽田圭介の特別対談
・ついに銀座ソニービルに着陸!ソニービルの壁面が光の道となり、Audi TTが着陸して疾走する演出を披露
・番組内で重大発表があるかも!? 森山直太朗がニコ生に降臨!
・ラーメンデータバンク、「ラーメンデータベース」のスープレックスと業務提携
・「日本アニメ(ーター)見本市」第30話:横山彰利監督による「ザ・ウルトラマン」公開