計4試合行われる来季の米ツアーシード権をかけた、ウェブ・ドットコム・ツアー・ファイナルズの初戦「ホテルフィットネス選手権」最終日。14位タイから優勝を狙い、猛追をかけた岩田寛は“66”でラウンドし、トータル14アンダーでホールアウト。首位には届かなかったものの4位タイでのフィニッシュとなり、大事な初戦を絶好の形でスタートできた。

 7番パー3でチップインバーディーを奪うなど前半だけで6つスコアを伸ばしたが、後半はパー5でも伸ばすことができずイーブン。「(ロングの)2つともティショットは悪くなかったので、17アンダーぐらいまではいきたかった」と振り返った岩田だが、4日間トータルで考えれば予選落ちの可能性もあった初日から巻き返しを図り、順調な滑り出しを見せたことは大きな結果だ。
 2日目に“64”と伸ばしたものの、3日目は停滞。だが悪い中でも我慢できたことは収穫で、最終日にスコアを伸ばせたことは残り3試合への手ごたえを掴んでいる様子だった。
 ウェブ・ドットコム・ツアー・ファイナルズは、FedExカップ126位から200位までの選手と、下部ウェブドットコムツアー賞金ランク75位までの選手が出場。全4試合を戦い、すでに来季のツアーカードを取得しているウェブドットコムツアー賞金ランク上位25選手を除いたランキング上位25名に来季のPGAツアー出場権が与えられる。
 第2戦『スモールビジネスコネクションチャンピオンシップ』は現地時間9月17日から9月20日の日程で開催される。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【国内男子】片山晋呉、ホスト大会Vはならず…来季は裏方専念も
【国内男子】新たな取り組みにも手応え マッチプレー来季は優勝賞金1億の大台も
【国内男子】テーマは“世界へ” 武藤俊憲の海外への思いは
【国内男子】22歳の今平周吾、片山の前に力尽きる「スキがなかった」
【国内男子】富村真治が語る ミズノのニューマッスルバック“MP-5”の衝撃