ゲーム破産は免責されない!? axelbueckert/PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 オンラインゲームやソーシャルゲームなどで、お金を払ってアイテムや通貨を購入する「ゲーム課金」。冷静に遊んでいる間は問題ないが、ハマりすぎてお金をつぎ込み、破産に陥る人が増えているとかねてから問題になっていた。

 そんな「ゲーム破産」の存在が、いよいよ公的に認知されたと、先日ネットを賑わせたあるニュースがあった。それは、大阪地方裁判所の破産申立の書式の改訂に関するもの。

 これまで破産申立をする際、「免責不許可事由に関する報告」のケースの「浪費等」の欄に、新たに「その他(ゲーム代その他の有料サイト利用代等)が加わったのだ。

 つまり、「この理由での破産には、免責が認められません」とされるものなったというわけだ。「浪費等」には、「飲酒・飲食」「投資・投機及びネットワークビジネス・マルチ商法等」「ギャンブル」などがある(現実的には常にあらゆる免責が認められないわけではない)。

 この書式改訂は今年4月になされていたが、大阪弁護士会の弁護士が自身のTwitterでこの件に触れたところ、一気にネット上に広まったようだ。
 
 今回、このニュースが人々の耳目を集めたのは、「やはり、そんなに"ソシャゲ破産"は多いのか......」という驚きとともに、さもありなん、という思いを持つからだろう。実際、ゲームにはまりすぎて月に何万円、何十万円とつぎ込む人の存在は、それまでも知られていた。

診断基準から読み解く"ゲーム依存"の尺度

 破産に至るほどゲームにお金をつぎ込む行為は、一種の依存症に陥っていると見て間違いないだろう。だが、精神医学的には、どのような疾病にあたるのだろう。

 精神医学会の標準的な診断基準である「DSM-5」に「ゲーム依存」の項はないが、もっとも近いものを挙げるとすれば「ギャンブル障害」だ。決して、遠い存在ではなく、誰もが陥る可能性はある。その診断基準を参照に自己チェックしてはどうだろう。

次のような"問題行動"には注意!

 診断基準は次のようなものだ。

 臨床的に意味のある機能障害、または苦痛を引き起こすに至る持続的かつ反復性の問題賭博行動で、その人が過去12カ月間に次のうち4つ(またはそれ以上)を示している。

(1)興奮を得たいがために、掛け金の額を増やして賭博をする要求。
(2)賭博をするのを中断したり、または中止したりすると落ち着かなくなる、またはいらだつ。
(3)賭博をするのを制限する、減らす、または中止するなどの努力を繰り返し成功しなかったことがある。
(4)しばしば賭博に心を奪われている(たとえば「過去の賭博体験を再体験する」「ハンディをつける」または「次の賭けの計画を立てる」「賭博をするための金銭を得る方法を考える」を絶えず考えている)。
(5)苦痛の気分(たとえば、無気力・罪悪感・不安・抑うつ)のときに、賭博をすることが多い。
(6)賭博で金をすった後、別の日にそれを取り戻しに帰ってくることが多い(失った金を"深追いする")。
(7)賭博へののめり込みを隠すために、嘘をつく。
(8)賭博のために、重要な人間関係、仕事、教育、または職業上の機会を危険にさらし、または失ったことがある。
(9)賭博によって引き起こされた絶望的な経済状況を免れるために、他人に金を出してくれるよう頼む。

 以上の「賭博」にゲームを含める、または「賭博」を「ゲーム」と置き換えて、思い当たる項目があれば要注意だといえる。

「定額制から課金制」が底なしのリスクをたらした

 ギャンブルの肩を持つわけではないが、ギャンブルなら金が戻ってくることもあるが、ゲーム課金で失った金は現実世界に戻ってこない。デジタルデータのスタータスが上がるだけだ。

 ネット上には、無課金でも十分遊べるゲームがあふれている。しかし、莫大な制作費のかかるゲームをタダで遊べるのは、それを"支える"金をつぎ込む熱心なマニアがいるということだ。

 ゲームがカセットやディスクで売られていた頃は、1本数千円のソフトを買えば、いくらはまり込んでもそれ以上の浪費はなかった。「定額制から課金制」というゲームの潮流の変化は、底なしに金をつぎ込むリスクをたらした。「ほどほどに楽しむ自制心」が求められている。
(文=編集部)