ビジャレアルで構想外となったモイ・ゴメス【写真:Getty Images】

写真拡大

 開幕2連勝を飾ったものの、その後3試合で勝ちのないリバプールは早くも補強に動き始めているようだ。英紙『デイリー・メール』は13日、ビジャレアルで構想外になっているスペイン代表MFモイ・ゴメスに興味を示していると報じた。

 マルセリーノ・ガルシア・トラル監督からの信頼を得られず、今季はヘタフェにレンタルされているモイ・ゴメス。21歳という若さながら、下部組織時代から過ごしたビジャレアルでは2部時代も含め76試合に出場して7ゴールを挙げている。

 スペインU-21代表としても将来を期待される逸材で、小柄ながら両足を遜色なく扱えるアドバンテージを生かした巧みな仕掛けを武器に局面の打開を図るアタッカーだ。

 獲得に必要な移籍金は400万ポンド(約7億4000万ポンド)ほどと見られており、リバプールにとって十分に支払える額と言える。

 フィリッペ・コウチーニョ以外に攻撃で創造性を発揮できる選手がおらず、不在時には迫力が大きく損なわれてしまう課題を抱えたイングランドの名門は冬の移籍市場でも積極的な動きを見せそうだ。

text by 編集部