NHK『日曜討論』番組サイトより

写真拡大

 またしても"安倍チャンネル"ことNHKが、安保法制について露骨なミスリードを行った。本日午前9時から「どうなる採決 改めて問う 安保法案」と題して放送された『日曜討論』だが、その公式Twitterが放送後、こんなつぶやきを投稿したのだ。

〈先ほど放送終了。直後の感想戦が実は非常に面白いことがよくあります。そこでは「主張が重なる部分」も実は多いことなどが互いに確認されたりします。きょうは反対代表としてご出席頂いた木村氏が採決について「機は熟している」と言い切ったのが印象的でした。夜9時のNスペも宜しく(^o^)。〉

 ......??? これだけを読むと、反対派代表と出演した憲法学者の木村草太氏が「(採決するには)機は熟している(ので賛成)」と言ったようにも感じる。だが、実際の放送での発言は、まったく違う文脈だったのだ。

 まず、本日の出演陣は、賛成派としてマサチューセッツ工科大学シニアフェローの岡本行夫氏、慶應義塾大学教授の細谷雄一氏、反対派として第一次安倍政権では内閣官房副長官補も務めた元防衛官僚の柳澤協二氏、そして首都大学東京准教授で憲法学者の木村草太氏が出演した。

 木村氏は番組冒頭から「今回の安保法制には明白に違憲な部分があります」「法案はひとつに束ねられていて、個別に議決することはありません。したがって違憲立法を避けるのは、すべてを否決するという選択を取らざるを得ない」「憲法というのは、主権者である国民の意思ですから、憲法を無視してこの法案を押し通すのは国民を無視することになる」と、今国会での安保法制採決を反対。その後も安保法制の欠陥点を個別具体的に指摘していた。

 そして番組の最後に、司会者であるNHKの島田敏男解説委員に「国会、ここでの議論、これが十分に尽くされてきているのかと、ここについての意見を伺いたいと思います」と振られ、そこで木村氏は「時機自体はわたしは熟しているというふうに思います」とたしかに返答している。

 だが、その言葉につづけて、木村氏は一切のよどみもなく、このように発言していた。

「まず法案の違憲性ですけれども、元最高裁判事、元法制局長官、著名な憲法学者、ほとんどが、つまり憲法解釈の専門的なトレーニングを受けた方のほとんどが、この法案に違憲な部分があると言っています。
 また、世論調査でも違憲であるという認識が多数を占める状況になっていて、違憲な点があるという意味では決着がついています。また、法案の必要性についても、少なくとも今国会で成立させるべきではないという意見はどの世論調査でも大勢を占めています。
 さらに政府の説明ですけれども、政府がまともに説明する気があるのかという点についても、まあそれはなさそうだということがわかってきました。したがってこれは否決・廃案以外にはない。そういう判断ができる時機にきていると思います」

 つまり木村氏は、憲法解釈上、安保法制は違憲としかいえず、さらに主権者たる国民の意見、そして政府の説明放棄の態度、すべてにおいて否決・廃案と言わざるを得ないという点で、すでに議論は「機を熟している」と述べたわけである。それを番組の公式Twitterは、こうした文脈を無視し、あたかも木村氏が採決に前のめりであったり、賛成の姿勢であるようにも受け取れる引用を行った......というわけだ。

 しかも、この『日曜討論』公式Twitterは、じつは番組開始前にもこんなツイートも行っている。

〈いよいよ採決が迫る(?)安全保障関連法案。今朝の出演者は岡本行夫さん、胗澤協二さん、細谷雄一さん、木村草太さんです。皆さんの意見はどの出演者に最も近いでしょうか。反対意見って理解しにくいのに、賛成意見はすごく頭に入やすい...。両耳でしっかり聞くぞー。ゲスト着席!間もなく放送です。〉(原文ママ)

 まるで「賛成意見は理解できるけど、反対意見って意味わかんないよね」と放送前から煽っているかのようだ。

 さすがに抗議が殺到したのか、その後、お詫びを出したが、その文面というのが〈自分の意見と違う人の意見は耳に入りにくく、同じ意見だと理解しやすいと言う意味で書いたのですが、「賛成」「反対」という言葉を使ってしまったので、法案に「賛成」「反対」かのように誤解された方もいたようです〉というもの。ゲストと考え方が同じかどうかで、「賛成」「反対」などという表現は使わないし、この言い方だと、公式Twitterの"中の人"が「安保法制に賛成」だと表明しているようなものではないか。

 いや、それ以前に反対代表の木村氏の発言を歪めて広めている時点で、もはや何の釈明にもなっていない。こんな姿勢で"公平公正"な討論番組がつくれるのか?と疑いが濃厚になっていくだけだ。

 先週9月6日の『日曜討論』では、山本太郎参議院議員が「メディアの報道という部分にも問題があると思うんですね。たとえばNHK、偏向報道と言いますか、官邸に対するゴマすり報道がひど過ぎる」と猛然とNHKの番組でNHK批判を行い、スタジオを凍てつかせたが、番組スタッフの耳にはこの"反対意見"も届かなかったのだろう。

 もちろん、『日曜討論』のこの姿勢の背景には、NHKの報道全体が安倍政権に尻尾をふっている状況があるからだ。たとえば、昨日9月12日には東京・新宿で賛成派デモが行われ、参加者数はわずか200人(主催者発表)だったが、NHKニュースはこれをしっかり報道。一方で、その10倍近い人数が連日、反対デモを行っているのに、こちらはごくたまにしか報道することはない。これは明らかに、官邸の顔色をうかがっているからだろう。

 官邸にゴマをするだけでなく、反対意見さえ自分たちの都合のいいように書き換え、大多数の国民の民意も無視するNHK。──今晩9時から放送されるNHKスペシャルの10党討論は一体どんな"誘導"を行うつもりなのか。「両耳でしっかり聞いて」やろうではないか。
(水井多賀子)