エマニュエル・アデバヨール【写真:Getty Images】

写真拡大

 プレミアリーグのトッテナムは13日、トーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨールとの契約を双方合意の下で解消したと発表した。

 今季で在籍6年目を迎えたが、マウリシオ・ポチェティーノ監督の構想外となって受け入れ先を探していた。だが夏の市場でアストン・ヴィラやウェストハムへの移籍を拒否して宙ぶらりんの状態になり、リーグ戦でもカップ戦でも背番号を与えられていなかった。

 ポチェティーノ監督は夏の移籍市場で売却に失敗して「彼が再びプレーすることはないだろう」と語っており、アデバヨールは新天地が決まらないまま無所属になった。

 クラブからのリリースも「我々はエマニュエルの将来が上手くいくことを願っている」の1行のみで完全に放り出された形だ。高額な年俸を負担できるクラブでなければ獲得は難しくなるが、トーゴの英雄が再び輝きを放つ日はくるのだろうか。

text by 編集部